海鮮処かふかのエゾバフンウニ丼(礼文島旅行2018)

礼文島旅の締めくくりは「海鮮処かふか」でのエゾバフンウニ丼です。
今年のウニ漁はペンションう~に~の方によると前日に初めて獲れたばかりということで、あと数日早ければ楽しめなかったことになります。6月なら大丈夫と思い込んでいたのですが初旬だとそうでもないんですね。
ウニ丼はそこまで量はいらないのでミニ丼で。それでも3000円オーバーとさすがの価格です。
さて、うに丼がやってきました。

IMG_5626

どうですかこの色合い。国内最高級の昆布を食べて育ったウニが美味しくないはずはありません。濃厚でありながら意外と後味さっぱりなその味わいは礼文島のウニがさすがと思わせる味でした。

IMG_5627

もうひとつこの日は食べなかったのですがほっけの「ちゃんちゃん焼き」も名物です。しかしこれは別の店のほうがより評価が高いです。
ウニ丼を食した後は午後のフェリーで稚内に戻り、バスではANAの東京行きに間に合わないため(何故か接続していないのです 怒)、降りたその足ですぐタクシーを捕まえて空港に直行、無事東京行きに搭乗しました。
礼文島旅行編、今回で終了です。

add_theme_support('post-thumbnails');