JAL エンブラエルE190の豪華1人掛けクラスJシート

JALの羽田ー三沢線はもろもろの所用で比較的よく利用するのですが、この路線には737-800の他にエンブラエルのE190が運行しています(E190はJ-AIRによる運航)。そして私が好きなのが後者のE190のほうで、というよりはそもそも737があまり好きではないですね、乗り降りにも時間がかかりますし。そういえば三沢線では過去にはMD81、MD90にもよく乗りました。
JALのE190が好きな理由のひとつのクラスJのシートがあります。シート配列が1-2列ということもあり、ずいぶんとゆったりとしているのと、何故かシートの質がとてもよく、おおげさかもですがちょっとしたプライベートジェットにでも乗っている気分になります。
エンブラエル190型ハクラスJを含め95席でいわゆるリージョナルジェットと言われるカテゴリですね。開発が遅れまくっている三菱ジェットMRJもこのカテゴリです。

DSC_2598
DSC_2596

なかなか高級感のあるつくりだと思いませんか。
実はクラスJ以外の普通席のほうも座り心地は悪くないですし、クラスJと普通席ともに電源も確保されています。今のJAL国際線の新間隔エコノミー(独ZIM社)は確かに広いのですが座り心地がひどいのでせめてこれぐらいのシートにしてほしいものです。ある時期JAL国際線のシートってレカロ社製のこともあったと記憶しているのですが、そのシートも座り心地が良かった記憶があります。

DSC_2599

飛行機の座席って幅やシートピッチばかりが話題になりますが、座り心地もそれ以上に重要ですよね。

add_theme_support('post-thumbnails');