札幌大通公園沿いの中華「はるのそら」お粥と飲茶のランチ(札幌グルメ9)

札幌の大通公園沿いにある「はるのそら」は、
旧ルネッサンスホテル札幌(現在はプレミアホテルツバキ)「美麗華」のシェフだった山ノ井氏の中華料理店です。

DSC_7142-450x600

ランチはお得なセットメニューがありかなり混みあいますが、到着が13時過ぎだったためちょうど空きが出て待たずに入店できました。

DSC_7122-600x450

ランチのセットメニュー(1400円)は3種類で、お粥と飲茶/ハーフ担々麺とおかず/つゆそばと飲茶があり、今回はお粥のセットにしました。

DSC_7124-450x600

前菜で出てくるサラダも手をかけられた内容のもの。

DSC_7126-600x450
DSC_7128-600x450

この日のお粥はカボチャやカブ、青菜等が入ったもので本当に優しい味です。ホテル出身のシェフならではですね。

DSC_7129-600x450
DSC_7134-600x450

飲茶も小籠包のジューシーさ、エビ焼売のプリプリさも抜群、大根もちもレベルが高かったですね。

DSC_7137-600x450
DSC_7136-600x450

デザートは杏仁豆腐です。

DSC_7139-600x450

気軽に利用できるカフェっぽい雰囲気なのに、味は本格的。今度はぜひ夜に訪れたいですね。

add_theme_support('post-thumbnails');