ANAインターコンチネンタル東京 ルームサービスの朝食

ANAインターコンチネンタル東京、新型コロナ後に宿泊した際のクラブインターコンチネンタルフロアの朝食はラウンジでは提供がなかったため、ロビーフロアのカスケイドカフェか、もしくはルームサービスでとなっていました。できる範囲ではなるべく人との接触は減らしたかったので滞在中は毎朝ルームサービスにすることに。

チェックイン時にルームサービスは何を選べるのかと聞くと朝食メニューに載っているものならいずれもお選びいただけますということで、せっかくですので数泊する中で日ごとに違うメニューを楽しんでみようと思いました。

1泊目の朝食は和食とフルーツヨーグルトにしました。

十分なボリュームの和朝食です。普段ラウンジで見かける料理もありますね。ヨーグルトは巨大すぎて食べきれないほどでした。どちらかというとパンとヨーグルトだけ、あるいはヨーグルトだけの人を想定しているボリュームなんでしょう。今あらためて写真で見るとちょっと向きが変ですが(笑)。

別の日は卵料理とサラダ、そしてヨーグルト。オムレツのほうも付け合わせを注文したはずが何故かオムレツだけになっていました(笑)。

エッグベネディクト。シンプルですがきれいな仕上がりです。

サラダ。これ単体でも朝食として成り立つ内容です。多くの種類の野菜が入っていますのでバランスも良いですね。

また別の日。

朝食メニューの中には何故か鍋焼きうどんも入っていました。夜メニューならわかるのですが何故に朝食?と思いながら、実は昔から鍋焼きうどん好きなので注文してしまいました。大阪に住んでいた子供の頃、近くのうどん屋さんのそれが美味しかったんですよね。これまた注文してもいいなあ。フルーツを頼むとメロンがこんな感じで出てきました。

最終日の朝は軽めにお粥とスペインオムレツという謎の組み合わせに。

毎日ホテルにこもってひたすら仕事の中で、ルームサービスの朝食は結構癒し?になりましたよ。

add_theme_support('post-thumbnails');