ハイアットリージェンシー東京「オフィス・フォー・ザ・デイ」プランを利用し日帰りテレワーク

那須暮らしが思いのほか気に入ってしまい、当初は月に数日の想定だったのが月のうち三分の一以上を那須で過ごしていました。そうなってくると2人で利用するには十分な広さのある那須別宅と比較して都心のマンションは毎日夫婦2人揃ってテレワークするにはどうしても手狭と感じてしまいます(もちろんできなくはないのですが・・・)。

かといって東京にいる間は郵便物や洗濯、その他の所用もあるので毎日ホテル泊まりというわけにもいきません。そんな折にハイアットで「オフィス・フォー・ザ・デイ」なるデイユースプランがあるのをSNSの情報で見て、新宿のハイアットリージェンシーなら1日当たり税サ別で1万円で利用できると知り俄然興味が出てきました。

というのもこのハイアット共通のデイユースプランは駐車場は半額になるのですが新宿に限っては無料とのこと。新宿区内にある我が家からはクルマであれば朝の混雑時でも裏道を使い20分ほどあれば到着するので、会社に車通勤する感覚で利用できます。加えて宿泊しないにも関わらず宿泊カウントとポイントが付き、しかも2月末まではキャンペーン中とあって宿泊はダブルでカウント、ポイントも3倍貯まるとあっては一石二鳥にも三鳥にもなるなと思った次第です。

これを機に元ハイアットファンとしては久しぶりに上級会員を目指してみるのも悪くありません。東京に居て私がWEB会議が多い日を中心に週に2~4日ぐらいのペースで予定を入れてみました。

ハイアットはここ10年ぐらいはずっとノンステイタスですので最初の頃にアサインされたのはボトムの部屋でした。ホテル滞在を楽しみたい向きにはこのお部屋とても評判が悪いのですが、しっかりしたデスクもあり個人的には何故だか仕事に集中できました。神楽坂の自宅よりもかなり効率も上がったと思います。部屋の中に気が散るアイテムが一切ないのが良かったのかもしれません。ツインとダブルの部屋で少しデスク回りの内容が違っていました(ダブルの部屋は写真を撮り忘れましたが)。

ゲストルーム(ツイン)

部屋からの風景はおおむねこんな感じ(階数は高かったり低かったり)。

ちょっと配置が異なるこういう部屋にアサインされることもありました。

エクスプロ―リストになってからは毎回ビューデラックスルームにアップグレードされるようになりました。この頃になるとフロントでチェックインする時には「お待ちしておりました」(笑)とかいつも言われるようになりました。安いデイユースプランなのでちょっと恥ずかしかったです・・・。でも要望もしっかりと反映してくれるようになり、上級会員もそうなのですが同じホテルを利用し続けるというのは大切なことだなとあらためて感じましたね。これはレストランでも同じですが。

ビューデラックスルームになるとバスタブとシャワーブースも別になりますし、33㎡ながらも設備的に不満のない部屋になります。というか価格を考えるとお得ですね。

ビューデラックスルーム(ダブル)

窓から富士山が見えるのもうれしかったですね。

昼食は付近の外のレストランなら1000円前後、ホテル内ならこのプランでは15%引きが適用になるため中華でも洋食でも平日のランチセットなら2000円台前半で楽しめます。ポイントの3倍加算を考えなるべくホテル内でとるようにしました。

中国料理「翡翠宮」

平日はお手頃なランチのセットがあります。加えてアラカルトでチャーハンや麺類を注文してもランチではデザートとコーヒーが付いてくるのは地味にうれしかったですね。

別の日のメイン。

チャーハンや麺類も食べた日もあります。

CAFFE(カフェ)

こちらの一番ライトなランチセットは前菜がビュッフェ形式、メインがパスタやカレー、肉・魚料理、そしてドリンクとなっています。ビュッフェがある前提なのでメインの皿はいずれもボリュームは少なめになっています。こちらの内容は税サ別で2300円ぐらいだったかと(15%値引き前)。

この数か月はIHG以外のホテルグループを結構利用したのですが、それぞれに特色があって楽しいですね。グローバリストになったらリージェンシー東京に加えて更に他のハイアットも利用していきたいと思います。

add_theme_support('post-thumbnails');