大阪中之島のフレンチレストラン「ヴァリエ」でランチ

フレンチレストラン「ヴァリエ」は、もともと大阪の福島にありましたが数年前に今の場所に移転してきました。ヴァリエの高井シェフは総支配人の井上氏とともに、大阪のホテルプラザの名レストラン「ル・ランデブー」で長年働いていた方です。
入口の重厚な扉を開けてもらうと内部も上質なインテリアです。ゲストが多かったためレストラン内の写真を撮りませんでしたが美しいウェイティングバーもありました。
テーブルセッティングも完ぺきに。
IMG_7203
IMG_7204
福島時代にも訪れたことがありましたが、その時はこぢんまりとしながらも上質な空間とトラディショナルをしっかりおさえた料理でとても満足度の高い時間を過ごせました。
今回は魚料理と肉料理が両方楽しめるランチコースを注文しました。こちら税金とサービス料込でも約5000円とこの空間で楽しめるフレンチとしてはお得感があるのは関西ならではでしょうか。
最初の料理。盛り付けも美しいですね。
IMG_7205
IMG_7208
パンも焼き立てが供されます。
IMG_7212
前菜はチキンを使ったサラダ。このチキンの火の通り具合が何ともいえずちょうどよく、実はこの日の一番ベストな料理だったと思います。野菜も活き活きとしています。野菜使いの巧さもヴァリエの特長といえるでしょう。
IMG_7214
IMG_7217
魚料理。材料ごとの食感の違い、そしてスープとのハーモニー、一皿で何度も美味しい料理です。
IMG_7221
IMG_7224
パンは種類が変わっていきます。
IMG_7227
そして肉料理は鴨。こちらは福島時代を思い出させるような一品でした。
IMG_7229
IMG_7234
デザートも美しいですね。
IMG_7237
IMG_7239
全体としては福島時代よりも「今風」の料理になったものの、昨今流行りの「驚き」重視のアクロバティックなものではなくあくまでもフレンチの基本をしっかりとおさえたフレンチらしいフレンチが楽しめます。
いつまでも続いてほしい大阪のレストランのひとつですね。

add_theme_support('post-thumbnails');