JAL 031便 ビジネスクラス 羽田>バンコク SKY SUITE SS2(タイ パタヤで年越し2016-2017 その2)

JAL031便の機材はスカイスイートⅢ(SS2)で、JALのビジネスクラスでは最も新しいヘリンボーン式のシートを備えた777-200にて運行されます。
窓側の一人席を確保です。
IMG_5130
座席周りにも収納スペースは多いですし使いやすそうですね。
IMG_5132
IMG_5135
座席横には小物が入るスペースが。もう少しだけ大きいと色々入るので惜しいところです。キャセイのこのスペースはもう少し広かったような。。座席のゆとりももちろん必要ですがビジネスクラスの快適性はちょっとした収納スペースとかスイッチやコンセント類の使い勝手等にもかなり左右されますね。
IMG_5136
USBコネクターとコンセントがそれぞれあります。
IMG_5139
テーブルは斜めサイドから引き倒して角度を回転させるようになっています。
IMG_5145
IMG_5143
さて、機内食です。テーブルセッティングをしてまずはおつまみから。前回パリからのビジネスクラスでは離陸前にウェルカムドリンクがありましたが、距離の関係か今回のバンコク線ではありませんでした。
IMG_5146
IMG_5147
機内食は「くろぎ」の和食をチョイスです。
IMG_5153
お弁当仕立ての前菜。見た目にもきれいですが、ひとつひとつが手間がかかっておりどれも美味しいですね。しかも写真で見る以上のボリュームです。また日本人ばかりでなく外国人でも楽しめるメニュー構成となっています。
IMG_5156
IMG_5163
IMG_5159
台の物は鰻とシチュー。これもボリューミーな内容ですね。
IMG_5177
IMG_5180
IMG_5182
少しワインが残ったので食後にチーズをいただきました。こういったチーズであれば本当は白ワインのほうが合うのでしょうが。。
IMG_5190
デザート。こちらはまあ普通でした。
IMG_5195
ビジネスクラスの和食でここまでの内容が出るのであれば、ファーストとの違いはもうキャビアなどの豪華食材とシャンパーニュがサロンかどうかぐらいの違いしかなくなってきますね。それぐらい和食の機内食として完成度の高い内容だと感じました。

add_theme_support('post-thumbnails');