ドーハ国際空港 カタール航空アル・ムルジャン ビジネスラウンジ

ザブレブからのカタール航空はドーハでは沖止めとなり、バスでターミナルまで移動しました。
IMG_2432
IMG_2433
ビジネスクラス搭乗者は5~6名でしたが、このような専用のスペシャルバスで移動します。
IMG_2434
IMG_2435
ドーハ空港は巨大ですが、案内もしっかりしており使いやすい印象です。
IMG_2436
IMG_2443
なぞのクマのオブジェが名物です。
IMG_2444
IMG_2442
このようなバブリーなキャビアカフェも。
IMG_2440
IMG_2441
IMG_2439
こちらがアル・ムルジャン ビジネスラウンジのエントランスです。ワンワールド各社のファーストクラス及びビジネスクラスの利用者が利用でき、ワンワールドのエコノミークラスの利用者はたとえ最上級会員のエメラルドでもこのラウンジは利用できません。
IMG_2446
やはり中東では水は贅沢の象徴でしょか。エミレーツと同様、こちらにも噴水というか水を使ったオブジェがあります。
IMG_2447
上階に見える巨大なスペースはラウンジのダイニングです。
ラウンジは巨大でカタール航空サイトによりますとオリンピックプールの10倍、1万平方メートル
の広さがあるそうです。アラビアの伝統と現在的なデザインが融合した洗練された空間です。
IMG_2452
IMG_2454
IMG_2476
IMG_2474
IMG_2479
一方でシャワールームは標準的でキャセイのラウンジを見てしまうと普通に見えてしまいます。ただアメニティのシャンプーやコンディショナーは質の良いものに思えました。
IMG_2457
IMG_2460
IMG_2459
シャワールームに隣接したスペースはカフェとなっており、小皿に盛られた軽食、デザートなどが楽しめるほか、オーダー制のサンドイッチも注文することができます。
IMG_2456
IMG_2468
IMG_2469
IMG_2466
IMG_2463
IMG_2464
中2階のダイニングにも立ち寄ってみました。こちらも広大なスペースです。
IMG_2481
ビュッフェ形式で様々な料理が楽しめます。
IMG_2480
バーカウンターではシャンパーニュやハードリカーのほか、カクテルも楽しむことができます。
IMG_2484
IMG_2487
ホットサンドイッチを食べたばかりだったので、こちらでは試食?程度に軽くつまんだだけでした。
IMG_2485
通常のビジネスラウンジの水準を大きく超えていますね。
圧倒的な規模感ではドバイのエミレーツラウンジと肩を並べる水準に感じました。やはりワンワールド系では何といっても香港のキャセイ、ヒースローの英国航空、そしてドーハのカタール航空が3大名物ラウンジという感じですね。最近は(2018年1月現在改装中ですが・・)マレーシア航空ゴールデンファーストラウンジも人気がありますが、やはりこの3つとは差があります。
ちなみに利用した中で個人的なワンワールド・ベストラウンジはキャセイパシフィックファーストラウンジ「The Pier」です。単なる規模や設備の豪華さというよりは上質感やラウンジの空気感が好きだからです。

add_theme_support('post-thumbnails');