ケンピンスキーホテルのイノベーティブタイ料理 Sra Bua By Kiin Kiin「スラ ブア バイ キン キン」(週末3連休バンコク 2018年2月)

サイアムケンピンスキーホテル バンコクは都会にありながらリゾートの空気も感じることができる5つ星ホテルですが、そのメインダイニングがこちら「Sra Bua By Kiin Kiin(スラ ブア バイ キン キン)」というイノベーティブなタイ料理レストランになります。バンコクのミシュラン一つ星になっています。
「スラ ブア バイ キン キン」はデンマークのレストラン「キン キン」のプロデュースです。
場所は高級ショッピングセンター「サイアムパラゴン」の奥になります。ショッピングセンターの奥にこんなリゾート空間があるとは訪れてみないと想像できないかもしれません。
IMG_4762
IMG_4764
ホテル内はリゾートムードあふれる華やかな空間です。
IMG_4757
IMG_4758
IMG_4761
IMG_4755
IMG_4751
レストランに到着です。レストラン内は天井が高く豪華。ホテルのメインダイニングにふさわしい雰囲気で、タイのリゾートホテルのダイニングのようです。
IMG_4745
IMG_4741
IMG_4737
今回は4コースのランチ1700B++を。総額だと日本円で7000円台ぐらいでしょうか。メニューの内容はipadで確認することができます。
IMG_4690
IMG_4694
テーブルのセッティングも美しいですね。
IMG_4695
IMG_4697
ランチですのでお酒は少なめにしたくモヒートを注文します。こちら料理の味ともよく合いました。
IMG_4703
IMG_4706
最初の料理はレンコンをチップス状にしたもの。タイのストリートフードからフューチャーされているもののようです。
IMG_4699
続いてこちらもアミューズ的な1品。カシューナッツが乗ったメレンゲ、ソースはわさびソースです。
IMG_4700
和牛とドライトマトを散らした胡瓜のサラダ。ビジュアルも美しいですが、この料理を食べることで暑いバンコクの街を歩いてきた熱気が一気にクールダウンされる感じです。こちらのレストランは胡瓜を料理に効果的に使うことが多いそうです。
IMG_4707
IMG_4711
IMG_4714
IMG_4715
ソースもその場でミックスされます。辛い料理が苦手な人には辛みを調整してもらえますが、私たちはオリジナルの辛さでお願いします。辛み・酸味・甘味等がそれぞれ引き立つことがタイ料理の醍醐味ですからできるだけシェフのイメージするバランスで食べたいのです。
IMG_4710
次の料理はこちらのレストランの名物料理のひとつ、ロブスターをアイスのフローズンカレーソースでいただきます。煙が上がっているのは液体窒素です。
最初はこんな感じでやってきます。
IMG_4716
液体窒素が投入されて煙が・・・。
IMG_4717
IMG_4718
メインは鶉だったかな・・ちょっと記憶が曖昧ですが、こちらもソースがその場で投入されていきます。
IMG_4721
IMG_4723
IMG_4724
ライスもついてきます。
IMG_4722
そしてデザート。デザートも凝っていて手抜きがありません。
IMG_4728
IMG_4729
最後にお菓子。プレゼンテーションは最後まで私たちを飽きさせません。
IMG_4732
IMG_4734
IMG_4736
座席はボックス席もあります。
IMG_4720
IMG_4725
最後まで飽きさせることがなく、また味も高い水準であり、ホテルならでは豪華な空間も含めとても良い時間を過ごせました。次回はディナーで訪れてみたいです。

add_theme_support('post-thumbnails');