石田ゆり子出演の浜田省吾PV「君に捧げる love song (Flash & Shadow)」を久しぶりに聞いた

今年の秋に浜田省吾さんのコンサートに行く予定なので過去の曲を聴いている中で久しぶりにこちらの歌のPVを見ました。もうずいぶん前の歌なのですがPVも含めてとても強く印象に残ります。
「君に捧げる love song (Flash & Shadow)」浜田省吾

石田ゆり子さんのWEBサイトの当時のスタッフレポートにも撮影の様子が載っていました。
https://www.yuriko-ishida.com/staffsreport/25.html
浜田省吾さんの歌全体に言えることですがPVでなく歌だけ聞いても1曲でひとつの短編映画を見終わったようなそんな気持ちになる歌が多いですね。浜田省吾さん自体ファンとそうでない人、好きな人嫌いな人がくっきり分かれる歌手だと思いますが、この歌はファンじゃない人にも聞いてほしいです。邦楽は様々な歌手の歌を聴くのですが、コンサートに行く回数が一番多いのは彼で、それは歌はもちろんコンサート自体のクオリティや満足度が高いからです。
とてもせつない歌で、基本的には妻に先立たれた夫が(子供の視点から見た父と母)、夢なのか妄想なのか妻のいた暮らしを思い出しているという設定だと思うのですが、見方によっていろいろ取れる歌です。妻と離婚した夫の歌ととらえる人もいるかもしれません。
映画でも歌でもそうですが、個人的に思うのは視聴者に過度に「説明しすぎる」ものはイマイチと思っています。この映像が良いのは歌詞の内容を映像によって説明してしまうのではなくむしろ聞き手の想像に任せたつくりになっていることです。
最近は本を読む人も減っているので、そういう方面の「理解力」が落ちていると考えられているのか、説明過剰な映画や本、歌が多いと思っていて、もっと聴き手の想像力をリスペクトしてくれていいのではと思うことがあります。
話は戻ってなぜPVを石田ゆり子さんを選んだのかということですが、もちろんPVのイメージに合っていたからだと思いますが、浜田さんの舞台演出やPV等の撮影を手掛けているアートディレクターの田島照久さんがイメージに合うはずと推薦したからだそうです。田島さんは石田ゆり子さんの仕事も手掛けていたので、イメージに合うことをよくわかっていたんでしょうね。
浜田さんの作品には時々芸能人が登場することもあります。「I am a father」のPVには時任三郎さんが出演しています。テレビにほとんど出演しないのに何故か芸能人のファンが多く福山雅治さんが熱烈なファンなのは有名ですね。

add_theme_support('post-thumbnails');