ANAクラウンプラザ札幌「ダイニング メム」と「雲海」の朝食 (2019年11月)

ANAクラウンプラザ札幌の朝食は「オールデイダイニング メム」「日本料理 雲海」そして「カフェ ミナモ」の3か所でとることができます。ちなみにカフェ ミナモの場合はアメリカンブレックファーストになります。

「日本料理 雲海」では和定食と丼ぶり定食が選択できます。IHG会員は奥のスペースを提供されることが多いです。

和定食は魚の種類などが毎日変わっていきます。写真はサバとホッケですかね。

あとIHG会員の特典として定食に加えてお刺身が付きます。こちらも日替わりです。これは丼ぶり定食の場合でも同様です。

丼ぶり定食のほうは季節により内容が変わるのかはわかりませんが、私が食べる時はいつも鮭とイクラの親子丼(というか親子重)でした。

続いて「オールデイダイニング メム」です。こちらビュッフェスタイルで一見たくさんのおかずが並んでいるように見えるのですが実はそれほどでもなく、おそらくすすきののホリデイ・インのほうが種類は豊富です。札幌は朝食に力をいれているビジネスホテルが多いのでどうしても見劣りはしてしまいます。

レストラン内は近年改装されていますのできれいです。様々なタイプの席が用意されていて、さすがにビジネスホテルとは違うなと感じさせます。

IHG会員は1人利用であっても奥のゆったりとソファが配置されたスペースに案内されます。巨大ホテルですしおそらくはツアー客でごった返す時期などIHGの上級会員からのクレームが多かったのでしょう。

いつもこんな感じでとることが多いです。

あまり時間がないときはオムレツと付け合わせ、サラダのみのことも多いです。

またSFCプランにはドリンクチケットが付いてきますので、そちらは仕事後に上層階にあるバーで利用します。ただし団体で貸切になっていることもたまにあります。旧全日空ホテル系はどのホテルもちゃんとしたバーラウンジがあるのが良いですね。今は無き稚内のANAクラウンプラザなんかは思い出深いです。

あまり食欲がない日はジントニック等を飲みながら、ここでパスタを食べて済ませたりします。

add_theme_support('post-thumbnails');