ANA A380フライング・ホヌでいくハワイ旅行 2019 予告編とまとめ記事

現地からもお伝えしたように今月上旬にANAの総2階建て飛行機A380型 フライング・ホヌでハワイ・ホノルルに行ってきました。まずは概要をお伝えしたいと思います。いつもは時系列でご紹介していきますが、今回は次回からの本編で最初に帰りのファーストクラスラウンジとビジネスクラスからご紹介する予定です。

今回の旅行は行きのプレミアムエコノミー席、帰りのビジネス席共にマイルで発券したものになります。最初ファーストと迷ったのですが、ホノルル線はファーストクラスでも往復35万で乗れる&そこまで惹かれる仕様ではなかったのでビジネスクラスまでにとどめておきました。いずれ有償で乗ることはあるかもしれません。行きは残念ながら希望の曜日でビジネスが取れず、であればマイル単価的には微妙なものの、通常のエコとは異なる専用機内食等の独自サービスが気になりプレエコにしてみました。

旅の始まりは成田空港のダイヤモンド会員、ファーストクラス搭乗者向けのANAスイートチェックインから。通称Z小屋と呼ぶ人もいます。

さすがに出国までの導線がスムーズです。JALの2タミでは同じ導線は不可能なんでしょうか。

まずはANAスイートラウンジに入室です。羽田のようにフルサービスのオーダー式レストラン(ダイニング h)があるわけではないので特筆するほどの内容ではありません。

ラウンジからはフライング・ホヌが。7月からダブル運航になってばかりのタイミングでした。

こちらがプレエコのシートです。窓側だと小物入れがあるのがかなり重宝しました。但し席の位置と扉の長さが合っていないため、中途半端な位置になります。ちなみに上部の収納はこの位置だと両脇は高さや奥行きが足りず機内持ち込みキャリーケースは入りませんので中央側に入れることになります。

機内安全ビデオはフライング・ホヌ専用の内容になっています。この浮わついた感はANA独特のノリですね。

翌朝9時前にはホノルルのダニエル・K・イノウエ空港に到着。空港からUberでコンドミニアムに向かいます。勤務先の保養所なので費用も驚くほど安く抑えられました。ホノルルのホテルはどうも価格とサービスのバランスがとれていないように思えるので安く宿泊できるのはありがたかったですね。

到着して最初に行ったのはミシュランの星を獲るのも時間の問題と言われているダウンタウンにあるレストラン。ハワイのビールで到着の無事に感謝して?乾杯。

食後はカカアコ地区にあるホールフーズへ。新しくて大きくてキレイだけどホールフーズっぽくないお店でした。惣菜の充実ぶりは目を見張るほどでしたけど。

その後いったん宿に戻った後でアラモアナショッピングセンターへ。ユニクロでハワイ限定のアロハを買ったり、リリハベーカリーでクッキーを買ったり。

翌日はKCCサタデー・ファーマーズ・マーケットへ。今はカカアコのファーマーズ・マーケットのほうが旬みたいですが、ハワイでこの手のマーケットに来るのは初めてなのはまずは一番有名なところからということで。

そしてカハラ・モールにも足を伸ばしました。

歩き疲れたので宿に戻って昼寝。夕方になってクイーンカピオラニホテルのバーとコーヒーショップに。

ビーチ沿いを歩きながら宿まで戻りました。

最終日の朝は近くのホテルで朝食を。

行きと同様にUberで空港に向かいます。

ホノルルのANAスイートラウンジ。

帰りはビジネスクラスにて。

それでは次回からよろしくお願いします。

add_theme_support('post-thumbnails');