ANAクラウンプラザ札幌 コンフォートラージツイン宿泊記 2021年11月

ANAクラウンプラザ札幌、コロナ禍の中で長期間休業をしており9月にようやく営業を再開しましたので札幌出張時に久しぶりに宿泊しました。出張ですのでいつも一番安い部屋をSFCプランで予約し、今回はこちらのタイプの部屋が初めてアサインされました。スタンダードルームで予約した時はコンフォートツインルームにしていただけることが最も多く、たまにラッキーだとプレミアムツインルームになったりします。

このタイプの部屋は謎のスペースがあります。コンフォートタイプではない同じ間取りの部屋には宿泊したことがありますが、その時もソファが置かれているスペースでした。

広いのか狭いのかよくわからない部屋ですが(笑)、アップグレードがなければ東横イン並みの広さの部屋もあることを考えるととても有難いです。

コンフォートタイプのお部屋に用意されているティーパックや蒸気のホットアイマスクは結構好きです。

以前からお菓子とか置いていましたっけ?それともJALのラウンジのアイスクリームと一緒で余っているとか・・・。

クロゼットの引き出しにはナイトウェアが入っています。使い捨てのスリッパは何故か玄関の横においてあり最初どこにあるかわからず戸惑いました。

洗面のみ独立してトイレとバスタブは一緒のスペースにあります。これだけあれば洗い場付きのバスルームにもできたと思うのでちょっと惜しいところですね。

朝食は2階のレストラン「MEM」でビュッフェ形式で。IHG会員は専用スペースがありゆったりとした席の配置で食事をすることができます。インバウンド客が多かった時期はそれはもう週末は戦場だったのでこのスペースがあるのは有難いです。

残念ながら和食レストラン「雲海」はクローズしていました。和食の直営レストランはどんどん減る傾向にありますのでまさか「雲海」もこのまま閉店なんてことはないですよね? あちらのほうが落ち着いて朝食がとれるので好きなのですが。

朝食の内容は標準的で特筆するようなものはありません。最近の札幌はビジネスホテルでも興味を引くような朝食を提供するところが多いのでもう少し工夫があっても良いかもしれません。

こちらは2泊目の朝食。最近は卵料理は目玉焼き率が増えています。

12月はまた札幌に行けそうですが、それ以降はまた感染状況が心配です・・・・