インターコンチネンタル横浜Pier8 宿泊記1 チェックイン

先日オープンしたばかりのインターコンチネンタル横浜Pier8に宿泊してきました。首都圏で久しぶりの新規のインターコンチネンタルです。

こちら横浜グランドインターコンチネンタルホテルと経営母体は同じで、オーナーはセゾングループ創業者直系の持ち株会社が所有しています。というとインターコンチネンタルホテルグループをセゾングループが所有していた時代を思い出しますね。その時代の直営ホテルとしてオープンしたのがお隣のグランドインターコンチネンタルですので。

ホテルへはJR桜木町駅から横浜ハンマーヘッド経由大さん橋行きのバスに乗車して向かいます。横浜ハンマーヘッドは客船ターミナル施設を核とした商業・港湾施設ですが、こちらについてはまた後日紹介します。

ホテルに到着するとエントランスの中へ。ホテル内に入るのにもカードキーが必要でチェックイン時には従業員に自動ドアを開けてもらわないといけません。小規模なホテルならではのセキュリティーですね。

らせん状の階段を上ったところがチェックインカウンターです。螺旋階段を見て尾道のベラビスタのリボンチャペルを思い出しました。

今回はポイントでの無料宿泊にクラブアクセスをつけることにしましたので、まずはこちらでいったん手続きをおこないます。チェックインはロビーのソファスペースに座っておこないます。ちなみにクラブアクセスの差額は1室あたりではなくて1人あたり15000円です。今回は1人宿泊ですので週末ということを考えると安く抑えることができました。

ロビーからは直接テラスにも出られるようになっており、テラスからはMARINE & WALK YOKOHAMAが見えます。

チェックイン手続き後ラウンジに向かう前にいったん部屋に入ることにしました。

ホテルは横に広いため部屋の位置によってはエレベーターからかなり歩きます。

今回はポイント宿泊ですので最初一番安いデラックスダブルの部屋がアプリに表示されていましたが、途中からアップグレードしてガーデンサイドの広い部屋になりました。眺望という意味ではシティービューの部屋が良いのですが今回は見慣れた横浜の景色ですし、部屋の広さをとることにしました。

さて、それではお部屋に。

詳細は次回にご紹介します。

add_theme_support('post-thumbnails');