ケリーホテル香港 「THE CLUB」のアフタヌーンティー(香港旅行2019年秋 その4)

今回はクラブアクセス付きの部屋で予約しています。ケリーホテル香港の「THE CLUB」の内容は以下の通りです。

ケリーホテル香港 ザ・クラブ(THE CLUB)

  • 営業時間 6:00-23:00
  • 朝食 月~金 6:30-10:30 土日祝 6:30-11:00
  • アフタヌーンティー 14:30-16:30
  • イブニングカクテル 17:30-19:30

営業時間は結構長いですね。朝6:00から営業しているのもうれしいですし、夜も23:00までだと街中で夕食の後にラウンジで夜景を楽しむことも可能です。後は市内通話無料や部屋の冷蔵庫のドリンク無料などの特典があります。以前は16:00チェックアウトも謳っていたと思うのですが、(居心地が良すぎて)レイトチェックアウトぎりぎりまでいる人が続出したのか、リクエストして可能であればという表現に変わっていました。

THE CLUBのエントランスです。ラウンジには客室のカードキーをセンサーにあてて入室します。

ホテルの客室数自体が少なくないこともありますが、ラウンジは想像以上の大きさでした。ホテルはこの日かなり満室に近い状態でしたが、それほど奥のエリア(つまり海が見えないエリア)は十分な空席がありました。

海が良く見えるコーナーの席へ。

ラウンジの正面に見えるのは香港の人気スポット、ビクトリア湾を臨むオープンエアーバーの「レッドシュガー」です。行こうと思っていたのですがこちらのラウンジで満足してしまい行かずじまいでした(笑)。一番奥というか海沿いがカウンターになっています。

ソファ席やテーブル席、グループでの歓談に適した席など、様々なタイプのエリアがあり思い思いに楽しめます。

それでは早速アフタヌーンティーのメニューを楽しみましょう。こちらではトレーのタイプではなくビュッフェ形式になっています。

ケリーホテルはロビーラウンジでおこなわれているチョコレートアフタヌーンティーが有名なのですが、それもあってはとにかくチョコレート関連のクオリティーが高い印象です。クラブラウンジで間に合わせに出すレベルは確実に超えていますね。

マカロンもチョコレート味がありますね。

一応フルーツもあります。

こんな感じでとってみました。

二皿目はチョコレート中心で。

ネスプレッソはインターコンチネンタル別府リゾートにあったのと同じタイプ。こちら1回わかれば何てことないのですが、使い方がわからない人が多くゲストがみんな戸惑っていて頻繁に聞かれました。

続いて次回はラウンジのカクテルタイムのご紹介です。

add_theme_support('post-thumbnails');