インターコンチネンタル アムステル メインダイニング「La Rive」のディナー後編 (アムステルダム旅行2016 その23)

インターコンチネンタル アムステル メインダイニング「La Rive」のディナー、後編をお届けします。
食べ進めるうちに感じたのは全体に味が濃く、味わい的にも実はクラシカルなフレンチだということです。皿の見た目が今風なので勘違いしてしまいますが。もともとこちらのレストランはミシュラン2ツ星だったのですが数年前に1ツ星に降格していますが、それはやはり保守的なスタイルが影響しているのかもしれません。ミシュランの好みとは明らかに違いますし。
でも個人的にはこういうしっかりした味のフレンチは好きですね。ただしワイン抜きでは成立しない料理だと思いますので、こちらのレストランがワインに力を入れているのは理解できます。
ちなみにミシュラン1ツ星クラスはこういった安定感のある料理を出すレストランやこれから伸びていく勢いのあるレストラン群が同居していて、一番面白いところだと思いますね。
続いてのお皿はこちら。
IMG_0810
スープが用意されていてこちらをかけてもらって食べます。
IMG_0813
IMG_0815
こちらも前の皿もそうでしたが、味を濃いながらも和の要素も感じられます。
IMG_0816
続いてのワインはフルーティーなピノブラン。
IMG_0818
魚料理。オランダで何度か食事をしたり、事前の調べ物をしている時の料理写真を見て思ったのですが、味はしっかりフレンチながらも和食を感じる部分が多かったですね。
IMG_0821
IMG_0823
メインの肉料理に合わせるのはジゴンダス。
IMG_0827
肉料理はしっかりとしたボリュームがあります。こちらはストレートな美味しさですね。
IMG_0828
IMG_0831
デザートの出る前にリースニングが。ワインは好きだとわかると注がれる量がどんどん多くなるのはどこの国も同じようです(笑)。やはり好きな人には飲んでもらいたいですもんね。
IMG_0837
IMG_0838
これ以降の展開も手抜きはありません。
IMG_0840
IMG_0842
IMG_0845
最後はお菓子と珈琲で。
IMG_0846
スタートが遅かったので食事が終った頃には人もまばらに。
IMG_0836
IMG_0835
ホテルの食事でこれで食事とワインを数種類楽しんで一人200ユーロは結構お安い気がしました。今はユーロも安値で推移していますし。
全体的にサービスも食事も満足のいく内容でした。

add_theme_support('post-thumbnails');