コンラッド東京 エグゼクティブキング ベイビューの部屋とバスルーム

コンラッド東京 エグゼクティブキングのお部屋を紹介していきます。
スイートの部屋の場合、リビングとベッドルームに区切られている分、少し狭く感じるので、人によっては今回の部屋のほうが好きな人もいるかもしれません。私もコンラッド東京の部屋に関しては実はこちらのほうが良く感じました。デザインはどちらかというとオーソドックスですが、空間は写真での印象以上にゆったりしていますね、
IMG_8097
IMG_8100
IMG_8103
IMG_8120
壁掛けタイプの液晶テレビの下にはローボードがあり、ミニバースペースとなっています。
IMG_8159
IMG_8164
IMG_8166
IMG_8166
ウイスキーはこんな感じで収納されています。
IMG_8167
冷蔵庫の中はこういうラインナップです。
IMG_8170
ローボードの上にはお茶のセットが。
IMG_8158
ホテルからのプレゼントはフィナンシェ。
IMG_8109
ベッドルームとバスルームはガラスで仕切られており、羽の角度も含めて調整できる電動のウッドブラインドが設置されています。
IMG_8178
IMG_8128
IMG_8144
バスルームはバスタブとシャワーブースは別となっていますが、バスタブ側にもハンドシャワーがついています。
シャワーブースはレインシャワーとハンドシャワーがそれぞれついています。
IMG_8137
トイレも独立型。洗浄機能付き便座ですがその機能を見るとこのホテルはもう最新ではないことに気づかされます。
IMG_8142
アメニティーはアロマテラピーアソシエイツのものが標準仕様となっています。
IMG_8134
洗面カウンターはダブルシンク。但しデザイン重視なのか使い勝手はいまひとつです。
IMG_8135
クロゼットは標準的な大きさ。
IMG_8147
玄関わきにはこのような小さな水差しが。
次回はエグゼクティブラウンジの様子をご紹介します。

add_theme_support('post-thumbnails');