神楽坂の隠れ家的中華バル jiubar(ジュウバー)

神楽坂下より少し坂を上がった雑居ビルの3階、マンションのような扉を開けるとジュウバーはあります。初めて行くとかなりわかりづらいです。
IMG_20170607_201350
ジュウバーは中華好きにはおなじみの「希須林」が展開する中華バー。店名は中国語でバーを意味する「酒吧」からとっています。神楽坂には同じく「希須林」出身の方が独立してやっている「十六公厘」もありますね。
店内はカウンターとテーブル席が数席。決して広くはありませんが扉をくぐる前からのイメージから言うと思いのほか広いと感じるかもしれません。
IMG_20170607_201323
IMG_20170607_201338
メニューはドリンクも料理もかなり絞り込まれていますが、その中にも食べたいものがたくさん。この日はメイン的な料理は注文せず、バル的な使い方をしました。
IMG_20170607_201758
IMG_20170607_201745
まずはレモンサワー。BARを名乗るだけあってただのサワーではなく立派にカクテルになっておりとても美味しいです。レシピを聞いてなるほどと思いました。
IMG_20170607_202628
料理はまずはお店のおすすめの「ジュウバーの肉団子」。肉々しい肉団子で食べごたえがあります。
IMG_20170607_203000
IMG_20170607_203335
IMG_20170607_203009
茄子とミョウガの香味ダレ。これはもう美味しくないわけがないようなメニューです。
IMG_20170607_203255
2杯目は今日の泡グラスということでカヴァを。少し甘めの味わいが中華によく合います。
IMG_20170607_204332
次はゴマたっぷりゆでワンタン。これもお酒がすすむ一品ですね。
IMG_20170607_204922
ピリ辛!ネギ塩ポークは辛いもののあっさりした料理で辛みとのバランスが良いです。
IMG_20170607_205958
そして、セロリのクミン炒め。クミンの使い方がちょうど良くて想定外の美味しさでした。
IMG_20170607_212324
頻繁に来てしまいそうですが、おそらくは「入れない」お店のひとつになってしまうのでしょうね。

add_theme_support('post-thumbnails');