欣圖軒/ヤントーヒンでランチ インターコンチネンタル香港(香港週末旅行2017夏その9)

ランチは宿泊ホテルであるインターコンチネンタル香港の欣圖軒にしました。
IMG_0688
IMG_0690
アプローチからして高級感がありますね。何度も来ているレストランですがやはり気分が上がります。
エントランス付近にはワインがディスプレイされていました。
IMG_0683
IMG_0677
IMG_0667
IMG_0671
IMG_0674
それでは中に入りましょう。
IMG_0679
今回入店した時は窓のシャッターがすべて下りており、何事かと思ったのですが台風による破損を防ぐためだったようです。そのため食事中は昼にもかかわらずディナーのようでした。
香港の高級廣東料理を食べる時、いくつかの楽しみ方があると思います。グループでテーブルを囲んで高級食材も楽しむのも中華ならではですが、一方で2人の時にあえて安価なスタンダードメニューを注文することでその店の底力を知ることもできます。
IMG_0606
今回は比較的スタンダードな価格帯の料理ばかりを楽しんでみました。
欣圖軒といえば、この翡翠プレートですね。
IMG_0605
IMG_0617
こちらを食べるとついついお酒が進んでしまうので危険です。
IMG_0614
店内はさすがの高級感です。
IMG_0611
IMG_0608
最初にやってきたのは「きのこと茄子、きくらげのXOソース炒め煮」
IMG_0618
きくらげの味からして違います。こういう料理でこそ差が出ますね。
ランチなので飲茶も注文しました。こちらは「ハタと海老と帆立の蒸し餃子」
IMG_0622
IMG_0626
「黒トリュフときのこと野菜入り餃子」
IMG_0628
「蟹肉と絹笠茸入り餃子スープ」
IMG_0633
IMG_0635
そして「広東風ローストチキン(半羽)」
IMG_0638
IMG_0641
最後のほうにようやく窓の外が明るくなりました。
IMG_0659
〆は炒飯で。何の炒飯だったか忘れてしまったのですが、これは本当に美味しかったですね。
IMG_0666
相変わらずのクオリティで満足のランチでした。

add_theme_support('post-thumbnails');