ドラマ「僕とシッポと神楽坂」10月12日スタート 神楽坂ロケ地と周辺グルメ

神楽坂を舞台にした相葉雅紀さん主演のドラマ「僕とシッポと神楽坂」が明日から始まります。一応神楽坂在住者としては何もふれないのもないかと思いロケ地や周辺の飲食店情報など簡単にまとめてみました。「坂の上動物病院」を舞台として獣医師と飼い主や動物たちを描くドラマのようです(漫画の原作も読んでないのであまり詳しくないです 笑)。
最初は神楽坂赤城神社からです。ドラマのロケ地でありクランクインの撮影会でも使われていました。赤城神社の建物は近年、隈研吾氏の設計により建て替えられており神社っぽくないガラス張りの建築になっています。隈研吾氏は神楽坂に在住しているそうで、最近では色々と話題になった2020年東京五輪の新国立競技場の設計者としてのほうが有名ですね。あ、新千歳のANAラウンジもそうでした。

DSC_6741

赤城神社は東西線の神楽坂駅1番出口すぐの場所にあります。神社から神楽坂通りに出てしばらく坂を下ると「神楽坂梅花亭」があります。こちらもロケ地になっているようで、赤城神社とともに6月ごろにロケがおこなわれていました。

DSC_6743

さらに坂を下りて

DSC_6745

神楽坂上も超えて神楽坂通りを進むと毘沙門天 善國寺に着きます。日蓮宗の寺院でここもロケ地になっています。2007年に放映され神楽坂の料亭が舞台だった倉本聰「拝啓、父上様」でもロケ地になっていました。神楽坂が観光地として注目度が上がったのはこのドラマの影響が大きかったように思います。神楽坂まつりも以前はあそこまで混まなかったですし。

DSC_6749
DSC_6764

この周辺には飲食店が集中しており道路を挟んだ向かい側にはベーカリーの「PAUL」、スシロー系の寿司居酒屋「杉玉」等があります。やはりこのへんは家賃が高いので古くからある老舗以外は資金力のあるチェーン系のお店がどうしても多くなります。

DSC_6747
DSC_6746

ちなみに杉玉はチェーン系ではありますが価格当たりのレベルは高いお店です。サービスは・・・。

DSCPDC_0003_BURST20181008164050683_COVER
DSC_6751
DSC_6762
DSC_0000_BURST20181008165847162

鳥茶屋の別亭もあります。

DSC_0000_BURST20181008175410187

このあたりの裏通りは石畳になっている道が多く、神楽坂らしさを味わえるのはやはり裏道のほうですね。鳥茶屋別亭の脇道を通っていくと「ブルターニュ」という老舗のクレープリーもあります。

DSC_6767

逆に善國寺の脇道を入っていくとちょうど裏側のほうにミシュラン三ツ星レストラン「石かわ」があり、その隣には以前にブログでもご紹介した「エレヴァージュ セカンド」があります。

DSC_6771

裏側に回りこんでいくとミシュランの蕎麦居酒屋「蕎楽亭」やパブ「ザ ロイヤル スコッツマン」、ベトナム料理の「ベトナムアリス」等、様々なジャンルの特徴のあるお店がたくさんあります。

DSC_6776
DSC_6774

そこから見番横丁のほうに向かい、脇の細い道にそれると通称「リンゴ坂」と呼ばれる鳥茶屋の本店がるところもロケ地となっています。

DSC_6787
DSC_6789

他にも東京メトロのポスターやCMにも登場した「旅館和可菜」の前の石畳などいくつかロケ地がありますが今回のブログはこのへんで。
神楽坂周辺の飲食店情報についてはこちらもご覧ください。
http://travelife.blog.jp/archives/cat_513165.html
地元民としては更に観光客が増えるのは複雑な気分(最近はホステルやAirbnbも増えているのでインバウンドもすごいです)ですが、やはり話題になるのはうれしいものです。

add_theme_support('post-thumbnails');