ひらまつ熱海のディナータイムは雰囲気、サービス、料理いずれも素晴らしかったです

ひらまつホテルズ&リゾーツ熱海の宿泊記、続いてはダイニングでのディナーの様子をお届けします。この日はワインもついているプランでしたので食事もお酒も存分に楽しむことができました。
温泉宿に泊まりながらひらまつグループの料理がいただけるなんて数年前には考えもしませんでした。
部屋を出て廊下を歩きます。

DSC_2928

館内のいたるところに絵画が飾られているのも高級感の演出に寄与していますね。

DSC_2926
DSC_2927

さてレストランに到着しました。

DSC_2929

テーブルには一輪挿しの花とキャンドルもありました。

DSC_2930
DSC_2935

メニューを見て更に期待がふくらみます。

DSC_2936

最初はグラスシャンパーニュで乾杯。お馴染みの「ひらまつ」のネーミング入りのブラン・ド・ブランのデュラモットです。デュラモットはJALのラウンジや機内でも時折登場しますが、メジャーどころの中では個人的にも好きなシャンパーニュです。

DSC_0000_20190116181829261

最初にアミューズが出てきました。こちらをつまみながらシャンパーニュを楽しみます。

DSC_2938
DSC_2941

続いて湯河原十二庵「汲み上げ湯葉」のロワイヤル オシェトラキャビア
湯葉のまったりとした感じとキャビアの塩気がよく合います。

DSC_2945
DSC_2947

白ワインはロワールのランソリット。シャープな印象のワインです。

DSC_0000_20190116182631572

ここでパンも登場。バターはエシレが置かれます。

DSC_2948
DSC_2950

前菜のひとつめはカワハギのマリネとコライユの燻製 ユリ根のピューレ ヴィーツ゚のヴィネグレット
カワハギの食感が楽しいです。

DSC_2951
DSC_2953

前菜のふたつめはズワイガニと娃々菜 ヴァンジョーヌ風味のソースベアルネーズ
トラディショナルなソースとズワイガニがよく合いますね。

DSC_2956

魚料理は鮟鱇とその肝のムニエル ちりめんキャベツのクリーム煮込み 蕗の薹のベニエ シャリービネガーソース
鮟鱇は好きなのでたまにフレンチなどで出てくるとうれしいですね。

DSC_2958

メインは黒毛和種「飛騨牛」フィレ肉のロースト 磐田産海老芋フルムダンベール
ぺリゴール風トリュフのソース
こちらもオーソドックスな料理ですが、だからこそ調理や材料の差が出るとも言えますね。満足のいく仕上がりでした。

DSC_0000_20190116194005424
DSC_0000_20190116194009162

赤ワインはフェヴレ Faiveleyのジュヴレ シャンベルタンです。

DSC_2965

メインを食べた後にはおすすめに従いチーズも少しいただきました。状態もよかったですね。

DSC_2967
DSC_2968

デザートは紫芋のスイートポテトと林檎のキャラメリゼ レアチーズアイスクリーム
これはもう想像通りの美味しさですね。

DSC_2971

ハーブティーと小菓子。

DSC_2973
DSC_0000_20190116204540230

リゾートホテルや旅館で料理に本当に満足できることってそんなにはないのですが、さすがひらまつのホテルと思えるような完成度の高さでした。

DSC_2951
add_theme_support('post-thumbnails');