ターキッシュエアラインズでイスラエル ベン・グリオン国際空港、そしてエルサレムへ(イスラエル・パレスチナ旅行2019 その9)

イスタンブールからは再びターキッシュエアラインズでイスラエルの事実上の首都であるテルアビブ郊外のベン・グリオン空港に向かいます。昔のロッド国際空港ですね。ロッド空港と言ってももうピンとこない人が増えましたね、というか私もあの衝撃的な事件をリアルでニュースで見た世代ではないですけど。
イスタンブール・アタチュルク国際空港では他の行先では制限区域に入ってしまえばノーチェックなのですが、テルアビブ行きだけはイスラエルの職員が出張しているのでしょうか、搭乗口で一人ずつ係員によるボディチェックを受けて、加えて機内持ち込みカバンの中身を見せなければいけません。
機内食はトルコ式朝食でした。ホットミールではないものの2時間のフライトにもかかわらずしっかりした内容ですね。朝からドリンクも「アイラン」というんでしたっけ、塩味ヨーグルトドリンクもいただきました。

DSC_1632
DSC_1636
DSC_1638

機内はガラガラでした。

DSC_1630
DSC_1631

イスラエル ベン・グリオン国際空港に到着です。空港内の通路の白い壁が印象的です。エルサレム旧市街のあの雰囲気と同じ色合いですね。

DSC_1647
DSC_1646

入国審査では簡単な質問のみ(渡航目的、何日滞在するか、どこを回るか)でした。日本人とわかると「ショッピングか?、ショッピングだろ」みたいな感じで気さくな雰囲気です(もうあまり日本人はショッピングしないよねえ・・・と思いましたが)。渡航目的はショッピングということになってしまいました(笑)。

入国審査終わるとパスポートから反映された顔写真とバーコード入りの小さなシートを渡されます。そのシートを審査後の自動ゲートに通すと正式に入国になります。

空港からエルサレムへは最初はGett(イスラエル版Uberのようなサービス)で向かおうとしましたが、結構な価格だったので結局シェルート(中東でよくある乗り合いタクシー)にしました。
途中イスラエル人居住区とパレスチナ人居住区を分ける壁を抜けてエルサレムへ。

DSC_1649
DSC_1648

エルサレム市街に入ります。

DSC_1703

宿泊するホテルに到着です。

DSC_1836
DSC_1845

次回は宿泊ホテルのご紹介をします。

add_theme_support('post-thumbnails');