香港国際空港 キャセイパシフィック航空 ファーストクラスラウンジ The Pier(イスラエル・パレスチナ旅行2019 その24)

香港、及び香港国際空港でのデモが大きな影響を及ぼしていますね。秋に香港旅行を予定しているので空港が混乱するのは正直影響がありますが私には香港の未来を信じて行動している人たちに、空港でのデモをやめてよとはとても言えません。また香港旅行を中止する気もありません。未来を見ずにまさに今の年金や医療費負担1割にしがみついているどこかの国民とは比較になりませんね。

さて、テルアビブからのキャセイパシフィック航空CX676便が香港国際空港に到着しました。乗り換えの保安検査を通ってキャセイのファーストクラスラウンジ「The Pier」に入ります。

このロビー部分に来ると香港に「帰ってきたなあ」という気持ちになります。キャセイのファーストラウンジと言うとバスタブ付きの豪華なお風呂がある「The Wing」のほうが注目されることが多いのですが、より落ち着いていて上品なPierのほうが個人的には好きですね。

まずはダイニングに向かい朝食をいただきます。

お粥や點心、ヌードルがセットになった香港式朝食を注文しました。

食後はバーラウンジエリアへ。

バーカウンターではシャンパーニュやカクテルを楽しむことができます。アメリカ系のようにエアラインラウンジのバーでカクテルを注文して塩対応を受けるというようなこともここではもちろんありません。

バーのお隣の「パントリー」には各種フードやデザート、香港ビールやジュース等が置かれています。ここのラウンジのボトル入りマンゴージュースが結構好きです。

長旅の疲れをラウンジで癒します。

シャワーを浴びます。こちらはWingのようなバスタブはありませんがアメニティーはイソップですし、空間にも余裕があります。

トイレも各個室に手洗いがついていて、別にある洗面スペースにもイソップと身にタオルが。

最後に無料のマッサージも受けました。フットマッサージもクリームを塗ってもらいかなり本格的な内容ものが受けられます。

さて、そろそろ東京行きの搭乗時間が近づいてきたようです。

add_theme_support('post-thumbnails');