ウォルドーフアストリア エルサレム 宿泊記1 ルームチェンジ(イスラエル・パレスチナ旅行2019 その10)

イスラエルのエルサレムでの1泊目はヒルトン系列の最上級ブランドである「ウォルドーフアストリア」に宿泊します。エルサレムでの宿泊は旧市街に歩いて行ける範囲でというのが考えていた条件ですが、こちらのホテルはショッピングセンターを経由して旧市街へのアクセスがとても良いホテルです。ちなみに旧市街の中には大型ホテルは存在しません。
カウンターでチェックイン手続きをおこないますが、基本的にあまり愛想はなく事務的に進む感じです。やはり東南アジアのホテルのようなホスピタリティを感じるのは難しそうです。
ロビーの上質感はウォルドーフアストリアに共通するイメージでね。

DSC_1697
DSC_1699

アサインされた部屋はバルコニー付きの部屋で広さは4万以上する部屋にしてはコンパクトですね。

DSC_1654
DSC_1653
DSC_1656
DSC_1658

ホテルの建物の一部は歴史的な建造物を再利用していると聞きましたがホテルとしての営業は最近のため設備は最新です。タブレットもあります。この時の気温は11度だったようです。

DSC_1659
DSC_1681
DSC_1691

バルコニーからの風景。

DSC_1663
DSC_1668
DSC_1667
DSC_1685

洗面スペースに入ったところ何とバスタブはなくシャワーブースのみのようです。

DSC_1671
DSC_1675

通常の価格帯のホテルであれば全く問題ないのですがさすがに400ドルを超えるホテルだとバスタブぐらいはあってて欲しいというのはあります。
普段あまりしないのですがルームチェンジをしてもらうことにしました。
ルームチェンジ後の部屋はあらためてご紹介しますが、次回は旧市街の様子をお伝えします。

add_theme_support('post-thumbnails');