ムツヘタ スヴェティツホヴェリ大聖堂【世界遺産】(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その25)

ジョージア最古の聖堂として4世紀に建てられたと伝えられるムツヘタのスヴェティツホヴェリ大聖堂。現存するのは11世紀ごろに再建されたものです。「スヴェティツホヴェリ」とは「命を与える柱」を意味します。

大聖堂の中はかなり大きく、見応えがあります。

聖堂に至る沿道にはお土産屋さんが並んでいます。

家の庭にはブドウが。

次回はアナヌリ教会をご紹介します。

add_theme_support('post-thumbnails');