やっぱりステーキ石垣店の石垣産黒毛和牛ステーキと日本最南端ココイチの石垣美崎牛カレー

那覇がメインのチェーンである「やっぱりステーキ」、最近では東京にも進出し「いきなり!ステーキ」よりも勢いがありますね。店舗数は数年前は5店舗位しかなかったと記憶していますがFC展開を始めたことから今や全国で60店舗を超えているのですね。

一方でカレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)が誰もが知る全国チェーンですが、石垣店が(当然ですが)最南端の店舗です。

一緒にご紹介するのはなぜかというとどちらも「石垣牛」ではないですが、通常店舗にはない石垣産牛肉を使った限定メニューがあるということで食べてみました。

やっぱりステーキ FC石垣店

「いきなり!ステーキ」は以前からANAインターコンチネンタル石垣リゾートから少し歩いたところに進出していましたが、「やっぱりステーキ」も石垣進出を果たしました。

一番基本のメニューである200グラムで1000円の赤身ステーキや150グラム1000円のやっぱりステーキはこちらでも健在ですが、それに加えて券売機には石垣産黒毛和牛の文字が。安い方でも150グラム1980円ですから一番安いメニューの倍以上ということになります。「やっぱり」の中ではちょっと勇気が必要?な価格ですね。

鉄板にのせられてジュージューと音を立てている状態で運ばれてきました。脂が飛ばないように神に包まれてやってきます。

ナイフを入れると、中はきれいな色でした。贅沢を言えば和牛であればもう少しジューシーさがあっても良い気もしますが価格を考えれば十分すぎる味でしたよ。というかやっぱりステーキは一番安い赤身ステーキのクオリティーが結構高いために大きな差を感じなかったのかもあるかもしれません。

やっぱりステーキには替え玉ならぬ替え肉もあります。

カレーハウスCoCo壱番屋 石垣店

ココイチの石垣店は街の中心部から少し離れマックスバリューのほうに行ったところにあります。結構距離はあったのですが運動も兼ねてANAインターコンチネンタル石垣リゾートから歩いて行ってみました。

とろける旨みがゴロ、ゴロと書いてありますが、肉が少なかったりすると悲しいですよね。どんな感じかなあと思いながら注文しました。1日限定10食だそうなんですが周り(観光客は皆無でした)の地元の人は誰も食べていませんでした。

美崎牛って?と思うかもですが、石垣で育った和牛であることは変わらないのですが、「石垣牛」は餌の飼料をはじめとして守らないといけないルールがあり、別の育て方をされたものは名乗れないのです。

地方のココイチはゆったりしていますよね。だからこそ一般的なカレーにもかかわらずちょっと高めでも客がくるのでしょうけど。

やってきました。本当にゴロゴロに牛肉がはいっていますね。想像以上です。食べた時にも脂の状態も良く柔らかくておいしい肉でしたよ。ココイチがいきなり高級ビーフカレーになったような感じです。このビーフだとルーまでいつものココイチと味わいが違うように感じました。

沖縄らしい風景も途中眺めながらホテルまで再び歩いて帰りました。

add_theme_support('post-thumbnails');