インターコンチネンタル クアラルンプール エグゼクティブスイートルーム の部屋続き(KL 春の3連休旅2017 その8)

インターコンチネンタル クアラルンプールの宿泊記、続けてベッドルームとバスルームのご紹介です。
こちらのホテルは前回ご紹介したホテルの外観でピンと来た方もいるかもしれませんが、元はホテルニッコークアラルンプールだった建物です。でも部屋の中はすっかりインターコンチネンタルのインテリアになっていますね。
ベッドルームのベッド幅は通常のクイーンサイズよりも大きく、おそらく幅200ほど。
IMG_7771
IMG_7749
ライティングが効果的ですね。
IMG_7746
IMG_7743
ウォークインクロゼットも余裕のサイズです。
IMG_7750
バスルームはバスタブとシャワーブースが別で、
IMG_7754
IMG_7755
シャワーブースにはレインシャワーとハンドシャワーの両方が設置されており、またバスタブにも引き出し式のハンドシャワーがついていますので使いやすいですね。
トイレは反対側にあり独立はしていません。元ニッコーホテルだからでしょうか、海外のホテルには珍しく洗浄機能付きです。でも型はかなり古いものですね。
IMG_7760
アメニティーはインターコンチネンタル標準のもの。スイート仕様で100mlの大型ボトルに入っています。大型でなくてよいのでスイート以上はよりラグジュアリーなブランドにしてくれると良いのですが。
IMG_7767
またインターコンチネンタルは歯ブラシや剃刀が一般的に用意されていない国でも、しっかり一通り揃っていることが多いのは助かります。
トイレはリビング側にもあります。こちらは洗浄機能は無し。
IMG_7801
ミニバースペース。
IMG_7775
エスプレッソマシンはillyです。
IMG_7836
IMG_7838
ティーパックは東南アジアのIHG系ではおなじみのTWGです。
IMG_7839
冷蔵庫の中はご覧の通りです。
IMG_7841
チェックイン後しばらく豪雨だったのですが、しばらくすると晴れてきました。夜の外出には問題はなさそうです。
IMG_7877
次回はラウンジのアフタヌーンティーをご紹介します。

add_theme_support('post-thumbnails');