ひらまつ オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井にチェックイン(奈良大和路 週末旅行2017 その6)

最寄りのバス停で降りて、今夜の宿である「オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井」へ。宿は丘の上にあるのでひたすら農地を上っていきます。
IMG_9897
IMG_9898
ほとんどの人はクルマかタクシーで来るような立地なので、バスで来るのはかなり変わった人認定をされたに違いないのですが、石舞台から桜井に行く1日3便のバスがちょうど良い時間にあり乗ってみようと思ったのです。
IMG_9901
そういうわけで到着した時には汗がじんわりと。。
チェックインはロビーのソファに座りながら。フランス・リヨン発のアラン・ミリア(alain milliat) のジュースがウェルカムドリンクとして提供されます。数種類からチョイスできたので私はアプリコットネクターにしました。最近はお酒を飲まない方も多いので、こういうのは気が利いていますね。
IMG_9903
IMG_9905
IMG_9907
IMG_9907
「オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井」は、2016年4月に開校したなら食と農の魅力創造国際大学校に併設する宿泊施設として、フランス料理店ひらまつが運営を受託しています。オーベルジュと銘打ってる通り、あくまでもレストランが主体であり、宿泊施設はその関連施設という位置づけです。
こちらは「ひらまつ」が運営する宿泊施設の第1号で、この後「ひらまつホテルズ アンド リゾーツ」としてホテル事業の展開を始めています。「ひらまつ」と言えばレストランですが、その後の施設に「オーベルジュ」の名がないのは、「スモールラグジュアリーホテル」と「レストラン」のどちらもハイクオリティーなものを目指しているからだと個人的には解釈しました。
IMG_9979
IMG_9980
それではお部屋へ。そういうわけでお部屋には過度な期待はしていなかったのですが、シンプルで、かつ広くはないものの居心地は良い空間に仕上がっています。木の質感を活かした天井や上品なデザインの家具類など悪くないです。上質感をうまく表現できているのではないでしょうか。
IMG_9934
IMG_9937
IMG_9912
各部屋にはテラスがあり、その奥には農村風景が広がります。
IMG_9944
IMG_9946
次回はもう少しお部屋を詳しく紹介していきます。

add_theme_support('post-thumbnails');