カタール航空 A350-900 新ビジネスクラス ドーハ>羽田 搭乗記

カタール航空QR812便はドーハ国際空港を7:20に出発します。成田線はボーイング777で少し古めのシートですが、羽田線に関しては最新鋭機のエアバスA350-900型機での運行となっています。
シート配置は1-2-1列ですが同じ配列の787型機よりも幅やシートピッチともに少しずつ広くなっています。ただ昨年6月からはさらに新しいQsuiteというビジネスクラスで初めて個室タイプとなった座席がロンドン線で採用されていますので、こちらは座席としては最新型とは言えないかもしれません。
IMG_2501
IMG_2502
もちろんシートは180度まで倒れます。ちなみにカタール航空はSkytrax社の「2017年ワールド・ベスト・ビジネスクラス」を受賞しています。
液晶テレビは17インチです。
IMG_2503
ビジネスクラスは中央部に荷物棚がないため空間が広々としています。
IMG_2505
IMG_2511
IMG_2515
離陸前にウェルカムドリンクをいただきます。
IMG_2514
ビジネスクラスですが長距離線にはナイトウェアが配られます。
IMG_2519
ほどなく離陸。
IMG_2525
IMG_2518
アメニティはBRIC’S製のポーチであり、中にはCastello Monte Vibiano Vecchio社のスキンケア商品が入っています。
IMG_2534
IMG_2535
1回目の機内食はアラカルトメニューと洋朝食メインのミニステーキつきオムレツのみを注文しました。こういったわがままも聞いてもらえるのはうれしいですね。別の機会に日系エアに乗ったときには朝食セットの中から一部だけ提供することはできませんと言われましたので(確かにそれによって他の方に行き渡らない可能性があるので理由は理解できます)。
IMG_2526
IMG_2528
パンは路線により少しずつ違います。
IMG_2530
オムレツについているミニステーキが美味しかったです。
IMG_2531
IMG_2532
2回目の食事は和食をチョイスしましたが、やはり日系エアでないと和食が微妙ですね。
IMG_2537
IMG_2541
IMG_2544
サービスもきめ細かくて、ビジネスクラス全員なのかエメラルド会員のみなのかしっかりとパーソナルなやりとりもありつつ過度に干渉することもない距離感はなかなか良いものでした。
逆ルートでもう一度乗っているのですが、それはまた別の機会に。

add_theme_support('post-thumbnails');