アメックス会員限定 応挙館「お花見茶席」& 転合庵見学

東京国立博物館内でのアメリカンエキスプレスのイベント「THE GREEN CAFE」の一環として4月6日~8日の3日間開催された館内の庭園にある「応挙館」でのお花見茶席、及び転合庵見学のイベントに参加してきました。
DSC_0562
ちなみに見学の帰りに「THE GREEN CAFE」のホテルオークラゆりの木レストランも利用しましたが、こちらは次回にご紹介します。今回のイベントはアメックスの日本で発行したプロパーカード(グリーン、ゴールド、プラチナ、センチュリオン)所有者ならどなたでも対象でした(THE GREEN CAFE自体は5月6日まで開催)。但しビジネスカードや、最近人気のSPGアメックス等のプロパー以外のカードは対象外となります。
庭園内では要所要所に看板が置かれており、またかなりの数のアメックスのスタッフも配置されているため迷うことはありませんでした。
DSC_0571
DSC_0574
DSC_0578
応挙館は名古屋市外の明眼院の書院として1742年に建てられ、後に品川に移築、1933年に東京国立博物館に寄贈されたものです。
DSC_0000_BURST20180408112108641
DSC_0615
入館する前にカードを提示すると館内へとスタッフにより案内していただけます。受付で友人紹介の書類の記入と任意で博物館へのポイントでの寄付の書類もありましたが寄付のほうはいったんお断りしました。というのも実はJMBへのマイレージ交換が停止されて以来、券面もダウンさせ使用もほとんどしなくなってしまったのでポイントが残っているのかどうかも把握しておらず、その場でログインしてポイントがあるかどうか調べるのもイマイチかっこ悪かったので(笑)。結論とても満足度の高い見学だったので帰宅してからささやかながらWEB経由で残っていたポイントから寄付をいたしました。
DSC_0582
その後、書院一之間に通され、鶴屋吉信の桜を形どったゼリー状のお菓子(さすがに多くの方が訪れる前提なので生菓子ではありませんでした)と、お抹茶をいただきました。
DSC_0583
DSC_0000_BURST20180408113256021
室内は襖や壁面に松竹(笹)梅それぞれの墨絵がありますが、これは原画をスキャニングで写し取ったものだそうです(保存のため)。
DSC_0000_BURST20180408115600594
DSC_0590
DSC_0595
床の間とお庭には八重桜が。こちらは恵比寿のお花屋さんから届けられたものです。
DSC_0594
DSC_0586
DSC_0596
DSC_0600
DSC_0599
たまたま京都の300年以上の伝統のある漆器店の代表の方がいらっしゃり、展示されていた硯箱の蒔絵や花見重の説明をかなり詳しくしてくださいました。蒔絵の製造工程や、見るポイントなど私たちのような全くの素人に色々と教えてくださりとても勉強になりました。
DSC_0589
DSC_0000_BURST20180408115614928
他社カードのキャッチフレーズではありますがまさにプライスレスな体験で、とても満足度の高いひとときでした。
続いて転合庵も見学しました。4.5畳と2畳の茶室がそれぞれあり、こちらでも4.5畳の茶室で先ほどの代表の方に掛け軸の鯉と床の間に置かれていたマレーシアのロイヤルセランゴール社とのコラボ商品である「昇鯉」シリーズの説明を受けました。素材や仕上げ、掛け軸については作者についてこちらも普段は聞けないような話が盛りだくさんでした。たまたま空いている時間帯で、かつ代表の方がいらっしゃったというラッキーな状況が重なったためでしたが、正直期待をはるかに超える満足度でしたね。
DSC_0604
DSC_0000_BURST20180408121357081
DSC_0000_BURST20180408121335183
DSC_0605
DSC_0606
DSC_0607
DSC_0611
DSC_0613
転合庵側より博物館を見たところ。
DSC_0608
次回は、ホテルオークラゆりの木レストラン×アメックス「THE GREEN CAFE」をお伝えします。

add_theme_support('post-thumbnails');