京都 木津川市 リストランテ ナカモト(ラグジュアリーリムジン利用)

先日関西に出かけた際に京都の木津川市にある「リストランテ ナカモト」をディナーで訪れました。関西にお住まいの方ならご存知だと思いますが、木津は京都というよりは奈良市に近いエリアになります。
予約はラグジュアリーカードのサービスであるラグジュアリーリムジンを利用しました。このサービスを利用するとエリア内の指定の場所からレストランまでの往路ハイヤー送迎が無料となります。当日は大阪堂島エリアにあるANAクラウンプラザホテル大阪に宿泊していましたので、ホテルのエントランスまで迎えに来てもらいました。

DSC_1786

送迎車のアルファードはホテル前の道が一方通行のため一度回り込むようにしてホテルのすぐ前のランプから阪神高速に入ります。

IMG_20180526_182720

車内はwi-fiも完備されています。

IMG_20180526_182636

生駒山系の下を長いトンネルでくぐって奈良県に入ると、奈良市街のそばを通りレストランに到着。奈良に入ってからはいくつかの古墳も目に入り、このエリアならではだなあと感じました。

DSC_1788
DSC_1791

入口にある横長の窓からキッチンが見えます。この日は9980円のおまかせコースに、6500円のワインペアリングをつけました。ちなみに12474円のコースもありますが、こちらはメインが大和榛原牛になります。
テーブルにつくとこんな感じでメニューが置かれています。シートを解くとメニューが現れます。

IMG_5261

ペアリングのトップバッターは泡で。

IMG_5265

最初はアミューズ的な料理がいくつか。

IMG_5262
IMG_5266

世界一薄いサンドウィッチというユニークな名前のものも。チーズの料理も風味が際立っていました。

IMG_5269
IMG_5271

もうこのあたりの料理を楽しむ段階でこちらのイタリアンの素晴らしさを実感できました。

IMG_5267

このタイミングに何やらお魚を入れたものが、よく見ると鮎ですね。激しく動き回るのであまりうまく撮れなかったのですが、これが後で出てくるわけですね。泳いでいるのを見ると少し心が痛みますが、食欲のほうがやはり勝ってしまいます(笑)。

IMG_5273
IMG_5275

そして季節のお野菜の一皿。

IMG_5277

これまた美しい盛り付けです。単なるサラダではなく、あるものは火が入っていたり、茹でられたりして、それぞれの野菜のうまさが一番良い形で凝縮された口に入ってくる感じです。ボリュームもたっぷりなので、このお皿だけでも結構な満足感があります。

IMG_5279

2杯目のワイン。

IMG_5281

パンも運ばれてきました。

IMG_5282

そして天竜川の鮎。ほろ苦さ香りが何とも言えない美味しさですね。そういえば鮎と言えば確か木津川でも釣れた記憶があります。

IMG_5285
IMG_5287

続いては赤タマネギ、フォアグラ、アスパラガス。玉ねぎがメインで後はソースになっています。

IMG_5289
IMG_5290

どこかでもこういう玉ねぎの料理を食べたなあ・・・と思ったら仙台のフレンチ「ナクレ」でした。もちろんそれぞれ料理は違いますが、玉ねぎの旨さの活かしたゆえの共通点なのでしょう。
ワインの3杯目

IMG_5291

パスタは自家製手打ちパスタ2種。バヴェッテとアンニョロッティをそれぞれ料理する前の状態で見せてもらえます。

IMG_5295
IMG_5293
IMG_5296

まずはバヴェッテから。

IMG_5298

裏から見るとこんな感じ。なんだか結構、和な味わいです。

IMG_5300
IMG_5299

アンニョロッティはこちら。いずれのパスタも面白い取り合わせで見た目、味の意外性、いろいろと楽しませてもらえました。

IMG_5302
IMG_5301

メインは三重の「ぱくぱくポーク」。ビジュアルだけで既に魅力的です。

IMG_5305
IMG_5306

ナイフは多くの種類の中から選ばせてもらえます。

IMG_5304
IMG_5308

食後のドリンクは祇園ミニョンの紅茶やドリップコーヒー、フレッシュのハーブティー等から選ぶことができます。私はハーブティーにしました。

IMG_5309
IMG_5310
IMG_5311
IMG_5314

ヨーグルト、そして春香(お茶)を使ったデザート。

IMG_5312
IMG_5314

最後にはお菓子も出てきます。

IMG_5315

帰りは木津から学研都市線(東西線)で北新地まで行き、ホテルまで徒歩で戻りました。今回ANAクラウンプラザホテル大阪を宿泊先にしたのは実は帰りのアクセスが便利なこちらに行くためでした。
行く前から期待をしていたリストランテでしたが、訪問しても期待を裏切りませんでした。イノベーティブなフレンチやイタリアンは珍しくもなくなってきましたが、その中で守りに入っていない意欲的な料理の数々、そしてそのどれもが料理として美味しい(奇抜なだけのところもあるので)ものばかりで、東京からだとなかなか行けませんが是非再訪したいと思った次第です。

add_theme_support('post-thumbnails');