ドーミーイン本八戸の朝食(ぶっかけ丼 せんべい汁 ホタテ網焼き)

ドーミーイン本八戸の朝食はホテル2階のグローバルキッチンHATAGOでいただきます。こちらは夜21:30~23:00までは無料で夜鳴きそばの提供もあります。
ドーミーインの朝食と言えば普通のビジネスホテルを超える豪華な内容で有名ですが、ここ八戸でも工夫を凝らされた朝食が並んでいます。
まずぶっかけ丼、マグロやめかぶ、長芋等で丼ができるようになっていますが、八戸なので本当はこれにイカやホタテ、冬ならほっき等も欲しいところです。まあウニはさすがに無理だと思いますが。ちなみに八戸では郊外陸奥湊の市営魚菜小売市場の朝市で自分で小分けの刺身などを購入してごはんに乗っけて食べるかって丼が有名です。

DSC_2539
DSC_2540

マグロ多めに盛り付けました。

DSC_2543

続いて網焼き。こちらにはホタテやタラバガニの炙り焼きが。

DSC_2536
DSC_2535
DSC_2545

焼魚はサバやサケがあります。ほっけがあったかどうかは忘れました。八戸は日本有数の漁港なので多くの魚が獲れ、ヒラメやきんきん(キンキ)等も有名なのですが、さすがにそれはありません。

DSC_2538

もちろんサラダバーもあります。

DSC_2534

こんな感じで盛り付けを。

DSC_2544

こんな感じでかなり豪華な朝食になりました。

DSC_2542

八戸名物のせんべい汁ももちろんとりました。

DSC_2546

八戸は今まではロイネットホテルが一番まともだったのですが、ドーミーインができたことで難しくなりました。ただ一般的に言えばドーミーインが圧勝のような気がします。
男性はあまり部屋のバスタブとかに入らないでしょうから大浴場は街のサウナ的に利用できますし、出張には通常夜の飲みはセットなので夜鳴きそばとかも刺さりそうです。女性にも種類豊富な朝食や大浴場とパナソニックのナノケアドライヤー、使いやすい洗面スペースで支持されそうです。
一方ロイネットはドーミーインと同様広くて寝心地の良いベッドはあり、スタンダード同士だと部屋の広さも勝っています。ユニットバスもバスタブの奥行きが深くゆったりと入れますし、上級ビジネスホテルとしての基本がしっかりしています。また朝食もプレゼンテーションは弱いですが内容的には互角だと思います。
ちなみに私は仕事で泊まるならロイネットホテルですね。ドーミーインは良いのですが仕事で利用すると気が散るというか、仕事に集中できない雰囲気だからです。このあたりは完全に好みなので旅行だとドーミーインを選ぶ気もしますし、今後もその時の気分で使い分けする予定です。

add_theme_support('post-thumbnails');