トンローのスペシャリティコーヒーショップ「Pacamara Coffee Roasters」(年末バンコク旅行2018 その3)

バンコクのトンロー地区はレストランやショップが集まっている地区で、特に裏通りにはおしゃれなお店が多くあります。
目指すお店はBTSのトンロー駅からはかなり離れているので通常はタクシーやバスでアクセスとなりますが、予告編でもお伝えしたようにこの時はまだ朝7時過ぎ。お店のオープンは8時からですし、この時期朝はまだ気温も高くなくさわやかです。散歩も兼ねてのんびりと歩いていくことにしました。
お馴染みのマンゴー屋さん。

DSC_0446

駅の近くにあるトンローバス乗り場。ご覧の通りの年季のはいったバスですが、7Bで乗れてトンロー通りの先のほうまで行ってくれるので便利です。途中で乗る場合は手をあげて止めます。

DSC_0449
DSC_0448

トンロー駅近くに新しく開業予定のホテルニッコーバンコク。バンコクには既にオークラプレステージバンコクがありますが、最近はアジアの各都市でオークラとニッコーでそれぞれ出していく方針なのでしょうか。

DSC_0451
DSC_0454

カフェのDAT WICHは以前に訪れたことがあります。

DSC_0455

エリック・カイザーも。

DSC_0457

日本人の駐在員も多く住んでいることもあるためか日本のチェーン店や日本料理店・居酒屋等もよく見かけます。

DSC_0460
DSC_0471
DSC_0467

スターバックスは住宅風。

DSC_0468

パンケーキ等が楽しめるリトルホーム。こちらはSCの中にあるお店には行ったことがあります。

DSC_0481

トンロー通りもかなり先まで歩くと次第にローカルな食堂などが並ぶようになります。

DSC_0480
DSC_0517

裏通りに入って更に歩くとPacamara Coffee Roastersに到着です。

DSC_0484

中はいわゆるサード・プレイス系のカフェのような雰囲気です。エスプレッソマシンもありますが、ドリップ式のコーヒーもありました。

DSC_0485
DSC_0491

焙煎所が併設されているのも同様ですね。

DSC_0487
DSC_0489

食事メニューも気になりますが朝食をとったばかりなのでここではスコーンとコーヒーぐらいにしておきましょう。ケーキやスコーン等の他にサンドイッチ等の食事メニューもあります。

DSC_0494

店内は1階と2階では少し雰囲気が異なります。こちらは1階。

DSC_0492
DSC_0512

階段をあがって・・・

DSC_0510

こちらが2階です。

DSC_0496
DSC_0497
DSC_0498

ほどなくスコーンとカプチーノが。ラテアートがきれいですね。味のほうも日本の似たようなコンセプトのカフェと比べても遜色のないものでした。

DSC_0500
DSC_0501

本当に最近のバンコクのカフェはどこも完成度が高いです。

DSC_0503

2階はしばらく誰も来なかったので、かなりのんびりさせてもらいました。かつてバックパッカーとしてバンコクはアジアの旅の中継点で100B程度の宿(当時のレートで300円くらい)に泊まって安食堂で過ごしたものですが、その頃と今のバンコクでは別の街になったなあと来る度に感じます。昔が良かったなどという気はなく、今のバンコクはまた別の意味で楽しめる街になったと思います。

add_theme_support('post-thumbnails');