インターコンチネンタル別府の最終日(別府温泉でリモートワークその11 2020年10月)

ずっとお届けしてしたインターコンチネンタル別府の宿泊記も今回が最後です。

朝食はずっと室内でしたが、この日の朝は薄曇りで眩しくなかったのでテラスで食べることにしました。

妻はこの日も仕事でしたが私は午後から半休をもらったため少し別府の街にも出てみました。

別府駅から6~7分歩いたところにある百貨店「トキハ」の地下には別府冷麺のお店「六盛」やとり天の有名店「レストラン東洋軒」のフードコートもありましたよ。別府のお土産もこちらで揃います。

かえりは送迎車で戻ってきました。

ホテルに戻って温泉大浴場へ。午後の中途半端な時間帯ですから貸し切り状態です。

朝は曇っていましたが午後から晴れてきました。本当にこの6日間は天気に恵まれました。

ショップにある民芸品はどれも素晴らしいものでしたがなかなか手の出づらい価格帯のものが多いです(笑)。

それではそろそろチェックアウトの時間です。

コロナ期間中のリゾートでのリモートワーク。ホテルも正直万全の体制ではなくサービスも微妙に感じることはありましたが、一方で色々お世話にもなりました。

私のほうでは一定期間連続して自宅から離れた場所で滞在してもしっかり仕事が成り立つことが証明できた1週間ではありました。これが来年以降の私達夫婦の方向性につながるのですが、その話は新年になってからお話ししたいと思います。

次回以降は別府を離れて大分駅周辺でのホテルや食事の様子をお伝えしていきます。

add_theme_support('post-thumbnails');