ホリデイ・イン エクスプレス シンガポール カトン宿泊記

2019年春のシンガポール旅行は1泊目にホテルインディゴ カトンに宿泊しましたが、2泊目は隣接(というか同じビル)しているホリデイ・イン エクスプレスに移りました。というのもこの日は深夜2時にシンガポールを出発するのですが、翌朝はそのまま職場に行く予定でしたので、できるだけ体を休めておきたくより安く済むエクスプレスに宿泊したというわけです。実際そのおかげか職場に直行しても疲れもなく仕事ができました。

手前がインディゴ、奥がエクス王レスです。

エレベーターで上がってロビーフロアへ。ロビー自体はコンパクトですが、ロビーカウンターから続くカフェテリアスペースは広大で、通常時間はカフェですが朝は無料の朝食会場となります。このあたり実は日本の朝食無料のビジネスホテルがかなり見本になっている気もします。

このスペースを見ると実はかなりの部屋数があるのがわかります。

中庭はテラスになっています。

エクスプレスブランドの場合は原則として朝食は無料でついていますが、今回は深夜にチェックアウトしてしまいますので利用できませんでした。香港で利用した時も早朝チェックアウトだったので実は一度もエクスプレスで食べたことはないんですよね(そういう時に選んでいるからですが)。

それではお部屋へ。廊下もカラフルですね。

お部屋は日本の平均的なビジネスホテルよりはちょっと広め、寝るだけなら十分なスペースです。

ベッドサイドはミニソファというか座れるスペースがあります。シャワーブースとの間は半透明の壁で仕切られておりバスタブはありません。

アメニティーはディスペンサータイプのボディーソープ兼シャンプーしかありませんので、コンディショナー等は持参する必要があります。

クロゼットにはスリッパ、アイロン及びアイロン台があります。

コンセントはマルチタイプ、USBケーブルも直接させるようになっています。またインディゴと同様にハンディーも置かれています。

ミニバーコーナーには無料のミネラルウォーターやインスタントコーヒーやティーパック等が。ポットもあります。

簡素ながらも意外と設備としては充実している部分もあり、宿泊自体にそれほど重きを置かない利用には便利なホテルでした。

add_theme_support('post-thumbnails');