イスタンブール新空港(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その6)

ターキッシュエアTK91便は早朝にイスタンブール国際空港(IST)に到着しました。イスタンブール新空港の全体図は以下のようになっており、巨大ですが機能的な配置になっています。

画像中央の左右の広がる大きなスペース(の上階部分)がラウンジ部分になります。

ブリッジはAコンコース(上記の画像左下)の端でしたので乗り換え口まではかなり歩きました。

とにかく広いの一言。アタチュルク国際空港も広いは広かったのですが、もっと入り組んだ感じだったのに比較してこちらは広々。でも何故かバンコクのスワンナプーム空港よりは使いやすい気がしました。

深夜時間帯や早朝にも多くのフライトがあります。

ドメスティックのトランスファー横を通過し、さらに先へ。

案内は数多く出ておりわかりやすいです。アタチュルク国際空港時代は途中で案内が途切れていたりして結構わかりづらかったのです。

そして、出発階側へ。

ルイ・ヴィトンは派手ですね。

ラウンジは左側がマイレージ会員(スターアライアンスゴールド)側のラウンジ、右側のラウンジがビジネスラウンジとなっています。

それではターキッシュエアのラウンジに入室しましょう。

add_theme_support('post-thumbnails');