「老四川 飄香 銀座三越店」(2020年末に銀座で食べたランチとディナー その1)

2020年の12月は銀座のホテルで1ヶ月過ごしたのは以前に紹介したブログ記事の通りです。その際に銀座の多くのお店でランチやディナーを楽しみましたのでダイジェスト的に数回に分けてご紹介していきたいと思います。仕事もずっと忙しかったですし予約の取れないミシュラン店とかそういう気分にはなれなくて、ふらっと入店できるような所ばかりでした。

またこの際にGo To Eatもフル活用させてもらいました。チェーン系のお店はほとんど使わせてもらったかもしれません。というわけで2月現在でもまだかなりポイントが余っている状態です。

銀座三越にあるこちら、過去にも何度か来たことがあります。こちらの支店はコース内容的にも利用しやすいですね。この時はあらかじめセットメニューで予約していました。

予約していたメニューはこんな感じです。税込6600円と内容を考えると悪くない価格設定ですよね。

◆本日の前菜三種◆

◆四川名物よだれ鶏◆

◆おおいた冠地どり、やわらかレンコン、乳酸発酵大根の蒸しスープ◆

◆秋鮭のパリパリ焼き 唐辛子ピクルスソース ◆

◆大海老 さつまいも春雨の爽やかな酸味と辛味の軽い煮込み◆

◆四川名物牛肉の激辛煮◆

◆本場四川の汁無し担担麺◆

◆デザート◆

コースには含まれていませんがまずはビールで。白穂乃香でした。

ビールについてくる?おつまみと、3種の前菜はいずれも香港あたりで食べているような現地感がありました。

よだれ鶏。このあたりでもう完全に満足していましたね。2人で行って気軽に食べられる中華としてはやはり良いお店だと思います。

この日一番好みだったのはこちらでした。四川なので全般辛いのですがこのスープの優しい味わいには癒されましたね。

秋鮭の料理。こちらは個人的にはあまりピンとこなかったですね。

大海老を使った料理。こちらも薬膳的な爽やかな味わい。

このあたりから四川が全開という感じですが見た目ほど辛いわけではありません(それでも十分すぎるほど辛いですがもっとじんわりくる感じです)。

〆は汁無し担担麺。一見すると全然辛くないように見えますが底にたまっているだけで混ぜていくともちろん辛いです。

何故か写真がないのですがデザートは杏仁豆腐にしました。

ごちそうさまでした。

add_theme_support('post-thumbnails');