【奥神楽坂】フジコミュニケーションで魯肉飯と水餃子のランチ

奥神楽坂と書きましたが最寄りで言うと江戸川橋駅からのほうがわかりやすいでしょうか(神楽坂駅からでも遠くはないのですが道がわかりづらいです)。フジコミュニケーションは水餃子を軸とした台湾料理のお店です。最近は餃子特集などで取り上げられることも多いので有名になってきました。

餃子のお店だから「営餃中」です。神楽坂界隈ではテイクアウトをやめてしまったお店が多いのですがこちらは継続中です。

最初に訪れたのは新型コロナが蔓延する前だったと記憶してるのですが、それから1年も経たないうちにコロナの影響で外出が自粛ムードに。それからはテイクアウトやデリバリーで何度か利用しました。その時の記事はこちら。

というわけで店舗での飲食は久しぶりですね。

今回はランチのセットを利用しました。どのセットも基本は水餃子がついてきます。

本当はボリュームのある「三種混合飯(ミックスハン)」に強く惹かれたのですが健康診断前(笑)だったので控えめ?に魯肉飯のセットにしました。

魯肉飯は台湾のそれの味をしっかり反映したうえで上品さがプラスした感じです。すごく好みですね。

水餃子は台湾の一般的なそれと同様にニンニクが入っていません。ニラ餃子以外はニラも入っておらず台湾の味を忠実に再現しています。添加物がないのでもちっとしながらも不自然な食感がなく「ああ、台湾の味だなあ」って思います。餡にしっかり味が凝縮されているので基本は何もつけずに食べますが少し口にふくんでその後にレモングラスや馬告が使われているスープを飲むと2度美味しくなります。

別の日には葱油鶏飯のセットに。台湾の鶏肉飯って魯肉飯ほど有名ではないですが大好きなんですよ。台北にいくつか美味しいお店があります。

フジコミュニケーションのものは葱油が最初から多めに乗っかっています。

こちらは夜のメニュー。

また台湾にも行きたいなあ。。。

add_theme_support('post-thumbnails');