天国に一番近い教会 カズベキ ツミンダ・サメバ教会(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その28)

ジョージア軍用道路を通ってこの日の最大の目的地、カズベキ(ステッパンツミンダ)にあるツミンダ・サメバ教会に到着です。以前は麓の村からは4輪駆動のクルマに乗り換えないと行けませんでしたが、最近道路が整備されて普通車でも容易にアクセスできるようになりました(冬を除く)。

ジョージア軍用道路は途中の景気も素晴らしかったです。

ツミンダ・サメバ教会は標高2000m超の場所に建っており、テレグラフ誌の世界の驚くべき教会23にも選ばれたことがあるそうです。

まずは手前にクルマを停めて教会の遠景を。

後ろを振り返ると標高5033mのカズベキ山が見えます。9月でしたが既に雪が降ったようですね。

それではあらためて教会に近づいてみましょう。こちらの教会は内部は撮影禁止となっています。こういう教会は通常は観光地化されて祈りの場は別に作られる場合が多いですが、こちらは今も教会として利用されています。

とても絵になる教会です。願わくば向こう側の山も雪をかぶっていると更に絵になるのですが。でもせっかくの快晴だったのにそんな贅沢を言ったらいけませんね。

教会の庭からはカズベキの村が見えます。

教会から見て向こう側の山麓にカズベキで本当は宿泊したかったルームズ・ホテルズが見えました。こちらのホテルのデッキからは、この教会も見えますし山々も美しく見えるのだそう。

教会付近には馬やロバがおり、観光客に大人気です。

帰り道は先に紹介した友好記念碑に立ち寄った以外はひたすらトビリシを目指します。

途中、温泉が出ているのでしょうか、トルコのパムッカレのような岩肌のところがありました。

天気も良く充実の1日でした。

add_theme_support('post-thumbnails');