お料理 辰むらの夕食懐石コースと京都の夕景

リッツ・カールトン京都滞在時は夕朝食とも外でいただくことにしました。当初はなんとなくホテル内での食事を想定していたので事前予約をしておらず、当日予約でき高すぎず気軽に京料理が味わえるようなお店という割とハードル高めな条件を課して検索していくと「お料理 辰むら」というお店を比較的近い四条エリアで妻が見つけました。

ホテルから三条までは鴨川沿いを歩きながら。視界の中に山が見えるのは落ち着きますねえ。

三条からは京阪電車に乗って四条まで。

四条河原町からは西木屋町通りにはいります。

「辰むら」に到着です。

カウンターには既に2組ほどのゲストが。私たちは奥のテーブル席へ。後からもう一組来たので席間隔をあけたうえではほぼ満席となり、やはり直前であっても予約して良かったですね。

夕食の懐石コースは7500円と9000円。京都で初めてそのお店に行くときには一番安いコースを注文することが多いです。今回も7500円のほうにしました。もちろんより高い方に食べたい食材がある時には別ですけど。

実はアラカルトというか一品料理もあり、こちらも美味しそう。コース以外にくちらを少し追加するのも面白そうです。

まずはビールを飲みながら。味付けも好みの塩梅で良いスタート。

次はお刺身。この時期やはり鱧は必ず出てきますね。梅肉でさっぱりと。

焼魚。ほどよく脂がのっていて焼き加減も丁度良いですね。鰆の幽玄焼だったかな。

ニシンとともに夏らしい野菜でさっぱりと。

酢の物。蛸ともずく。

揚げだし豆腐。

最後にとうもろこしご飯と赤だし。

水菓子はジュレをまとった岡山の桃でした。

派手な料理ではないのですが、どれもしっくりと馴染んでくるようなものばかりでした。ちなみにランチは3800円と5000円の懐石の他に2100円で数量限定の点心もあり、こちらもかなりお得ですね。というか夜のコースも十分に価格に見合った内容だと思いましたが。河原町の近くで訪れやすいですしぜひ再訪したいですね。

帰りも一駅だけ京阪電車に乗ったのですがたまたま特急が来てラッキーでした。

add_theme_support('post-thumbnails');