新年から二拠点生活はじめました(明けましておめでとうございます)

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

今年は引き続き当面withコロナ生活を意識せざるを得ませんが、リスクと暮らしの快適さ・楽しさのバランスを取りながらマスコミや世論を気にしすぎることなく、自分なりに考えて生活していきたいと思います。

Go Toの反動かホテルめぐりへの興味は以前よりもちょっと薄れたように思います。今は高級ホテルもその格に値するようなサービスは全く提供できていませんし、その状況をブログで批判的に述べるのも(述べたいわけではないのですが宿泊するとすごく色々気になってしまって・・笑)本来の趣旨ではなくつまらないですしね。

確かにGo Toで安くは利用できるのですが、本来は素晴らしいサービスや体験ができたり宿泊することでリフレッシュしたりできることに意味があるわけで、豪華な施設を利用できるだけだと宿泊していても「空しい」だけですね(ただ完全にサービスを端折って開き直っているところも多い中で少数ですがコロナ本格化以前と以後でまったく差を感じさせない、もしくは差はありながらもその中で最大限のことができているホテル・旅館もありその努力には頭が下がります)。

IHG系の一部など継続的に利用しているホテル以外の宿泊数は減るように感じます。

旅行も海外はしばらく行けないでしょうが、再開されたらまずはバンコクに行きたいですねえ、あとは台湾とか。ヨーロッパは無理ですかねやはり。

そして表題の通り新年から二拠点生活をはじめました。いわゆる別荘を購入したのですが「別荘」というよりは「セカンドハウス」としての利用を考えていまして1か月のうち10日以上はそちらで過ごそうと思っています。

そのためネット環境や生活用品も一通り揃えてどちらでも生活できる状態にしているところです。仕事も本宅以上に快適にテレワークできるようにします。

もちろん新型コロナの件が購入のきっかけではあるのですが、コロナはいずれは収まるでしょうから、それだけの理由ならホテル滞在したり一時的に借りたいすればいいだけです。それに加えて都心の限られた土地や建物のマンション内ではできないことをしてみたいなと思うようになったからというのが理由になります。

だからといって街中で育った私たち夫婦は地方に移住して田舎暮らしという選択はありませんし、仮にしたとしても地方特有の人付き合い等がうまくできないと思います。なので元々の地域社会とのつながりが薄い別荘地エリアでセカンドハウスを所有したうえで、今住んでいるところも所有し続けることにしたということです。どちらかの居住地への興味が薄れたらその時はどちらか売却を考えればいいと思いますし。

今住んでいる神楽坂もたまたま住むことになっただけで、例えば「絶対このエリアに住みたい」とか「神楽坂」にこだわってとかいう理由ではありませんし、今回のセカンドハウスもたまたまその土地が呼んだということかなあと思います。

今は新しい生活へのワクワク感でいっぱいです。前半で述べたホテルの話を合わせると、実は無意識のうちに今度はホテルに頼るのではなく自分たちの生活空間で快適さや楽しさを作り出そうとしたのかもしれません。

そうそう最後にどうでもいい話を一つ。神楽坂に住んでいてブログ等で発信をしていて思ったのですが、神楽坂と言う地名に引力があるのか何か勝手なライバル意識を知らないところで持たれることがたまにあり、中には地元にずっと住んでいるような人までということもありましたね。直接言われたことはないですが、そういうことを人づてに聞くと地元でそれなりの立場にも関わらず小さいことにとらわれてかわいそうな人だなと思います。

そもそも私は住み始めた経緯も含め神楽坂に愛着はあっても極端な思い入れや利用したい邪念もなく、更には人と競争することも好きではありません(順位がつけられるのが嫌でライブドアブログもやめましたし)。根本的に他人に興味がないのでこれからも全くとりあわないと思います(笑)。だからコミュニティー的なものにも一切入っていません。仕事とプライベート共に忙しいですし余計なことには関わらずこれからも自分がやりたいと思ったことをやっていきたいと考えています。

それでは本年もよろしくお願いします!

add_theme_support('post-thumbnails');