赤羽の「肉処 香月」で上質の肉料理を満喫

最近は焼肉に始まり肉イタリアンや肉バルなど肉料理レストランが花盛り。そんな中でもこちらは肉テロのような量で勝負という感じではなく、総合的な満足度で楽しませてくれるお店です。
既に週末は年内すべて満員となっているそうですが、運よくキャンセルがあり入店することができました。
赤羽駅から7~8分歩いた住宅街にあり、場所や佇まいはいわゆる隠れ家風。アパートの奥の一軒家が目指すお店です。
IMG_20161112_210855
IMG_20161112_210907
IMG_20161112_210742
店内はゆったりと席が配置され、いわゆる焼肉屋的な風情は皆無です。
IMG_20161112_210802
料理はコースのみで、6000円と7000円があり、いずれもお酒付き。料理やお酒の種類が1000円差でグレードアップされる7000円のコースをチョイスしました。
お酒は棚に並んだ焼酎や日本酒、ワイン、ウィスキーを好きなだけ飲めます(3時間)。もちろん生ビール(プレミアムモルツ)やサワー類もあります。
IMG_20161112_181205
最初の料理は塩昆布トマトと自家製コンビーフのサラダ、そして浅漬けキムチ。キムチは瑞々しく先入観を覆す味です。 
IMG_20161112_181242
IMG_20161112_181159
IMG_20161112_181155
サラダを取り分けて食べます。
IMG_20161112_181401
次は鶏、豚、牛の前菜三種。鶏肉と大根のピリ辛煮、豚バラの白湯餡かけ、牛タンの柚子胡椒和え。それぞれが出来合いではなくて提供される前にひと手間かけられています。
牛タンは臭みがなく柔らか、豚バラはほどよく暖かくてほんわかする味です。
IMG_20161112_181927
お酒は白州ハイボールにチェンジ。
IMG_20161112_182636
続いて香月のすき焼き 肉巻きおにぎり風。この料理だけのためにプレートが用意されます。
IMG_20161112_183850
IMG_20161112_183900
IMG_20161112_184228
さてお肉をプレートで焼きます。
IMG_20161112_184244
表と裏を数秒ずつ焼いたお肉を一度卵の入っただしにくぐらせ、俵にぎりを二つに割いて巻いて食べます。これは言うまでもない美味しさですね。
IMG_20161112_184645
残るもうひとつの俵にぎりは先ほどの卵にぐぐらせて、こちらは卵かけご飯風に。卵が美味しいからなのかこちらも素直に美味しいと思える味です。
IMG_20161112_184839
続いて焼肉の盛り合わせ。左上から右回りにタン・上タン、肩三角、ランプ、カイノミ、ハラミ。それぞれ渡されたメニューにどのタレがおすすめかが書いてあります。オラオラ系の焼肉屋にありがちな焼き方とかつけるタレとかにうるさくなく自由に楽しめるのも良いですね。
IMG_20161112_185646
プレートも焼肉用に変更。お酒は辛口ウィルキンソンのジンジャーハイボール。
IMG_20161112_185026
IMG_20161112_185749
一枚ずつ焼いていきます。
IMG_20161112_190158
IMG_20161112_190947
IMG_20161112_191506
焼肉は追加もできますが今回はコースだけでどんな感じかを知りたかったためそのままで。
次はお酒のお供としてマスカルポーネとチャンジャ、牛スジのポン酢和え。お酒は焼酎の「鳥飼」にしました。
IMG_20161112_193855
IMG_20161112_193909
IMG_20161112_194923
〆は鶏塩ラーメン(あっさり・こってり)、にくまぶしのいずれかを選べます。この時はラーメンのこってりを。こってりといっても材料も厳選されており意外と上品な味でした。
IMG_20161112_203754
IMG_20161112_203931
デザートはマンゴープリン。もちろん食後のコーヒー等も料金に含まれています。
IMG_20161112_204822
IMG_20161112_202941
何百グラムもの肉に食らいついたりするのも楽しいですが、今回のようなコースも結構いいなあと思いました。しっかり次の予約もしてきました。

add_theme_support('post-thumbnails');