中州川端のフレンチ「L’eau Blanche」の土曜日ランチ(旧正月&3連休の福岡2019 その1)

JALにて福岡空港に降り立った後、ホテルに荷物を置いて向かったのは中州川端の「L’eau Blanche(ロー・ブランシュ)」へ。訪れるのは2度目です。

DSC_3671

シェフは「オーグードゥジュール メルヴェイユ博多」で料理長をやっていた白水氏、そしてオーナー兼ソムリエは以前に「神楽坂しゅうご」のオーナーソムリエだった佐々木氏です。そうこちらに2度来ているのは神楽坂つながりで佐々木氏は以前から知っているからなのです。
前回はディナーだったので今回は土曜のみ営業のランチに来てみました。夜もハシゴする予定だったのでランチは5000円のライトなほうにしました。

DSC_3618

とかいいながらワインは結局料理に合わせて4杯のテイスティングコースで出してもらうことに。最初はシャンパーニュです。

DSC_3622

窓の外は中州らしい風景です。こちらは夜景のほうがやはり良いですね。

DSC_3666
DSC_3668
DSC_3665

まずはアミューズとして中は熱々のコロッケ、チョコボールに見えるのは鶉の卵を赤ワインにつけてココアをまぶしたものです。

DSC_3625
DSC_3626

シャンパーニュにもよく合います。
バターも運ばれてきました。

DSC_3630

最近歳をとったせいかすぐ内容を忘れてしまうのですが(笑)、これは黄蕪のスープですかね。ワインはアルザスです。

DSC_3631
DSC_3632
DSC_3634

続いてはブータンノワールをもとにしてビーツやカシス等を使用してデザートのような一品に仕上げたこちらのお店のスぺシャリテのひとつ「ブーダンヴィオレ」。美しいですね。味のほうはしっかりワインに合うフレンチに仕上がっています。

DSC_3636
DSC_3638

次のワインはこちら。

DSC_3640

そして魚料理は鮟鱇。黒いのはイカスミを使っています。旬でもありこれはうなる一品でした。

DSC_3643

メインはイベリコ豚です。こちらはベストな火の通り具合でした。

DSC_3652
DSC_3654

メインに合わせた赤ワインはこちらを。

DSC_3650

デザート。

DSC_3657
DSC_3661

セレクトされたワインも含め今回も満足できる内容でした。佐々木氏にお店の新しい情報もお聞きしたのですがそれはまたの機会に。
またの再開を約束してお店を後に。午前中は雨もぱらつく天気でしたが晴れてきました。

DSC_3677
DSC_3675
add_theme_support('post-thumbnails');