ホリデイ・イン トビリシにチェックイン (ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その9)

今回のジョージア旅行は最初にトビリシ1泊、次にアゼルバイジャンのバクーに1泊して、その後再びトビリシ4泊の行程です。最初はデザインホテル(ルームズとかスタンバとか)かガラスで覆われた斬新な客室のビルトモアにしようと思ったのですが、希望しているタイプの部屋だと結構この地域としては割高に感じる水準だったので割り切ってポイントがたくさん余っているIHG系列のホリデイ・インにしました。建物はおそらく古いのですが、近年かなりきれいに改装されており結果としては正解だったと思います。

最初の1泊だけは有償でバスタブのあるちょっと広めの部屋を予約。あとの4泊はポイント利用なので一番安い部屋の予約でしたが結局同じタイプの部屋にアップグレードしてくれました。旅先でもシャワーだけでなくお風呂に浸かりたいほうなのでこれは助かりました。

部屋は40平米ほどありゆったりとしています。しばらくするとウェルカムフードのようなものが小さいサイズのジョージアワインとともに運ばれてきました。結局あまり手を付けなかったのですが、あとで振り返るとジョージアの名物フードがたくさんだったのでもう少し食べればよかったと後悔しました。ウェルカムフードはIHG会員だと全員なのかスパイアエリート会員用の特典なのかは不明でしたが、豪華さから考えるとおそらく上級会員だけだと思います。

この四角いトイレは使いづらかったです(笑)。

一応エスプレッソマシンもあります。水はガス入り、ガス無し一本ずつで毎日補充されます。

スリッパは使い捨ての薄いものでバスローブもあります。

こちらのホテルについてはアゼルバイジャン編のあとにもう少し詳しくお伝えします。

add_theme_support('post-thumbnails');