大船渡 かもめテラスと防災観光交流センター【三陸菓匠さいとう かもめの玉子】(三陸縦貫旅行2019春)

盛駅から大船渡線BRTで一駅、大船渡駅で下車し「かもめの玉子」で有名なさいとう製菓の「かもめテラス」へ。

さいとう製菓の本社工場は東日本大震災の津波で壊滅的な打撃を受け高台の臨時店舗で営業していましたが、今回あらためて市の中心部で基幹店舗兼工場となる「かもめテラス」がオープンしました。被害を受けた旧本社も見たことがありますが鉄骨だけが残って後はすべて流されており、津波の怖さを実感するのに十分すぎるほどでした。

それでは店内にはいりましょう。

店内は系列のお餅の店舗やベーカリーショップ、コーヒーショップもあります。

もちろん「かもめの玉子」も販売していますよ。春だったので季節限定のイチゴ味がありました。

かもめの玉子の製造を体験できる「かもめキッチン」もあります。

かもめテラスの隣には大船渡市防災観光交流センター「おおふなぽーと」があります。

こちら観光案内所の機能と各種会議室・展示室と被災時の一時避難場所の機能を兼ね備えた施設になっています。

観光案内所には各種パンフレットが置いてあります。

大船渡はさんまの水揚げ地。さんまラーメンというご当地ラーメンもあります。あと大型客船が来た時の漁船団による歓迎も有名ですね。

このポスターはあまり趣味が良くないですね(笑)。

碁石海岸祭りは震災の翌年だったか訪れたことがあり、たまたまでしたがゲストでサンプラザ中野くんが熱唱していたのが印象的でした。胸を打つものがありましたよ。

※古い記事は正しく画像が表示されないことがあります。表示されない場合はPC環境にてctrl+f5にて更新をすると見られるようになります。

建物の外側は階段状になっており、さらにステップフロアになって屋上に続いています。これなら津波が来そうなときに周辺から迅速に避難できますね。

屋上の展望フロアからは大船渡の街が一望です。

道路をはさんだ向こう側には屋台村的な店舗群と親水の遊び場がある川が。

大船渡も2012年当時とはかなり変わりました。

それではランチを食べにいったん盛駅に戻りたいと思います。

add_theme_support('post-thumbnails');