JALファーストクラス ジャカルタ線 日本料理「龍吟」監修の機内食(JALでジャカルタSUITE旅行2016 その4)

JALファーストクラス ジャカルタ線、続いて日本料理「龍吟」の機内食の紹介です。
下の写真はJALスカイオーベルジュ「BEDD」の機内食メニューです。
IMG_3627
IMG_3632
IMG_3628
アミューズの後は、季節の小皿「五彩」です。
IMG_3545
IMG_3553
写真左上から順番に
ブリ大根
厚焼き玉子
ホタテとうにのヌタ和え
海老芋の鴨南蛮
煮穴子の湯葉巻き
IMG_3549
IMG_3550
IMG_3548
温かいものは温かく、そうでないものはそのままで。こちら写真で見るよりは食べた時に意外と手間がかかっているのがわかります。もちろん機内ですから温めと盛り付け以外はセントラルキッチンですが。
次はお椀として「車海老の真蒸ん椀 蕪のすり流し仕立て」。
IMG_3556
IMG_3559
IMG_3561
先ほどの五彩もですがこうなってくるともう機内食とは思えない仕上がりですね。和食はやはり日系エアラインかなと思います。
次は海鮮。
「山陰から松葉蟹 カニ酢のゼリーと千枚漬けを散らして」
「燻したじゃが芋の冷製茶碗蒸し 白葱のスープとキャビア」
こちらは再構築系のメニューですね。キャビアをスープに混ぜ込んで食べます。
これはかなりクセになる味です。
悲しいかなコンパクトカメラの限界で料理写真の色が飛び気味なのが残念ですが・・・
右上にある茶色の飲料は湘南茶工房のロイヤルブルーティーです。
IMG_3562
IMG_3569
IMG_3567
IMG_3568
IMG_3575
続いて
「台の物」 厚切り和牛フィレ肉すき焼き 黒胡椒の香りの冬物語
「飯物」 白ご飯(ちりめん山椒) 新潟県南魚沼産コシヒカリ
「留め椀」 味噌汁 香の物
IMG_3588
温泉玉子を軽く溶いて
IMG_3592
IMG_3593
和牛フィレ肉のすき焼きに混ぜ合わせます。
IMG_3595
和牛は箸で難なく切れる柔らかさです。最近いわゆる赤身系ばかり食べていたので逆にこういうタイプの牛肉はむしろ久し振りでした。
ちりめん山椒や香の物も手抜きありません。
IMG_3587
IMG_3586
台の物はワインを赤に変えてこちらをいただきました。最近ぐんぐんと知名度を上げているニュージーランドのクスダワインです。こちらは欧州線、ジャカルタ線限定です。
IMG_3638
IMG_3579
ちなみに米州線にはシャトー・イガイタカハ「侍」シャルドネがオンリストされています。こちらも飲んでみたいですね。
IMG_3637
そうそう、ちょっと遊びで洋食のメニューからあらためてキャビアをいただきました。在庫確認の関係か単体だと難しいらしく料理ごと。
IMG_3599
IMG_3606
これをキャビアご飯で。そういえば昔、長期旅行者の間ではイランのテヘランにある日本料理店のキャビア丼が有名だったのですが今でもあるんでしょうか・・・。
IMG_3611
最後は甘味です。
六本木プリン
デコポンと柚子、ココナッツの氷菓
龍吟名物 ピスタチオ仕立ての松風
IMG_3612
IMG_3614
IMG_3616
IMG_3617
マリアージュフレールの紅茶とともに。
IMG_3624
IMG_3626
次回がファーストクラスご紹介のラストです。

add_theme_support('post-thumbnails');