カヘティ地方にあるジョージア最大の「ハレバワイナリー」へ(ジョージア・アゼルバイジャン旅行2019 その33)

シグナギにある OKRO’S WINE を出発して、次はジョージア最大規模のハレバワイナリー(KHAREBA WINERY)へ向かいます。ワイナリーに向かう途中ではバルクで買い取られているのでしょう、ブドウを一杯に積んだ荷台付きのトラクターやトラックが工場の前で順番待ちの列をなしていました。

さて、ハレバワイナリーに到着です。さすがに規模が大きいですね。レストランやショップもあるのですが、ここでは山の中でトンネルになっている保存庫を見学します。現在はその一部はテイスティングコーナーになっています。

エントランス付近では直売所があったり、あと団体が見学に入るタイミングでは民族音楽の演奏があります。直売所でははちみつやグレープシードオイルも販売していました。

そして見学コースへ。トンネル内は10度くらいなので入り口でマントを借りました。途中までは実際の貯蔵庫というよりはプレゼンテーション用の陳列という感じです。

奥のほうではワインをつくる工程や道具などの展示コーナーがあります。

見学の最後にテイスティングを。数種類のワインはもちろん美味しかったのですが、実はここで出たブドウが素朴な味なのにすごく美味しくてブドウばかり食べてしまいました(笑)。先ほどのワイナリーもそうですがココのワインも日本にも輸出されています。ジョージアワインの輸出先として日本は実はかなり上位にいます。

正直なところ個人的な興味は先ほどのような小規模生産者にありますが、こちらもこれはこれで色々と知ることができ楽しかったですね。

add_theme_support('post-thumbnails');