ヒルトン釜山 ツイン エグゼクティブルーム 宿泊記 部屋

ヒルトン釜山、当初の部屋からエグゼクティブルームにルームチェンジをしてもらいまいましたので、こちらのタイプの部屋をあらためてご紹介です。
通常のお部屋とエグゼクティブルームでは部屋面積はいずれも60平米で変わりはありません。ただ配置は違い、通常ルームはベッドルームとかなり大きなバスルームに分かれているのですが、エグゼクティブルームに関してはベッドルームとバスルーム、そしてリビングルームに分かれたスイートタイプになっています。その分バスルームは入り口側に集約されビューバスでもないので、どちらが良いかは好みの問題ですね。
ベッドルーム。バスルームに面積を割いている分、ベッドルーム側にはチェアはありません。
IMG_2670
リビング側は大ぶりなソファと奥にはテラス風のチェアがあります。
IMG_2672
IMG_2673
IMG_2674
バスルームはデザインは先ほどのキング・プレミアムルームと変わりませんが、全体的にやや小ぶりのつくりです。
IMG_2683
IMG_2677
IMG_2684
もちろんシャワーブースやトイレは独立型です。
IMG_2682
IMG_2678
IMG_2685
ネスプレッソも完備です。
IMG_2686
引き出しにはワイングラスやカップが収納されています。
IMG_2689
IMG_2687
ベッドルームのリビングルームの両方からバルコニーに出ることができます。
IMG_2694
バルコニーから夜の海を眺めます。
IMG_2698
エグゼクティブルームはスイートタイプではあるのですが、同じ広さなら全体的にゆとりのあるつくりのプレミアムルームのタイプのほうが個人的には好みかなあ。
次回は部屋からの朝の風景、そしてヘルスクラブの様子をお伝えします。

add_theme_support('post-thumbnails');