飯田橋と九段下いずれからでも徒歩圏の「やっぱりあさくま」。沖縄の「やっぱりステーキ」を連想させる店名ですが、実はステーキのあさくまの別業態店です。

DSC_3577-600x450


店内は「いきなりステーキ」とは違い着席スタイルで(いきなりステーキも最近は着席スタイルが多いですが)、一部テーブル席も用意されています。「ステーキあさくま」よりも若い年齢層に利用してもらおうとこの格安業態を始めたようです。

DSC_0000_BURST20190202142810850-600x450


DSC_3570-600x450


ただそこはステーキ専門店、格安業態といえども牛肉にはある程度こだわりがあるようですので、あえてステーキの中ではグラム単価の一番安い「やっぱりビフテキ」の300g 1350円を注文してみました。

ちなみに「やっぱりビフテキ」の料金にはコーンポタージュスープも含まれており、平日のランチだと更にライスとミニサラダもついてきます。休日はライスは別で200円となります。

鉄板に乗せてアツアツの肉が運ばれてきます。いわゆる切り落としではなくしっかり塊から切った肉を提供してくれるのはうれしいですね。コストの関係でそこまで肉の処理が丁寧なわけではないので切るときに筋があったりはしますが、肉自体の質は悪くないですね。

DSC_3571-600x450


DSC_3573-600x450


牛肉はUSアンガス牛の肩ロース部分をを使っているということで、ある程度の硬さはありますが肉らしい風味が味わえます。有名他チェーンの同価格帯の牛肉よりかなり品質は高いと感じました。比較のため妻はフィレステーキ200g1780円を食べたのですが、そちらは単価も違うため筋もなく肉もはるかに柔らかかったですね。こちらでも十分安いのが驚きです。

以前に那覇の上原ミートで「かけつけステーキ」というのを食べたのですが、やっぱりビフテキはそこの牛肉の感じと似ています。会社の帰りとかに急に肉気分になったときにはまた訪れようと思います。